1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. どうしたらいい?犬の散歩中の引っ張りグセの原因としつけ方

どうしたらいい?犬の散歩中の引っ張りグセの原因としつけ方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リードを引っ張る理由と危険性

犬がリードを引っ張ってしまう主な理由としては、外出したことに興奮しているケースと、何か道中で気になるものを見つけたケースの2つが挙げられます。どちらも共通しているのは、犬が興奮状態にあるということ。ご機嫌でいてくれるぶんには飼い主さんとしては嬉しいことですが、犬がリードを引っ張ることで飼い主さんが転倒したり、リードを持つ手を傷めたりする危険性があります。

さらに、歩行者や自転車、自動車や他の犬との事故にもつながることもあります。犬がリードを引っ張ることはとても危険なので、正しいしつけ方法を理解して、リードの引っ張りグセを直しましょう。

散歩に毎日行きましょう!

犬は普段から家やケージの中にいることで、ストレスを少なからず感じています。そんな犬にとって、散歩は、外の空気に触れて草や土の感触を感じる、大きなストレス解消の手段と言えます。

ストレスがたまりすぎと問題行動を起こすこともありますので、家の中でおとなしい犬でも、可能な限り毎日散歩に行ってストレス解消させてあげましょう。適度な散歩をしてストレスを解消することで、問題行動を改善することができ、興奮を抑えてリードを引っ張らなくなります。また、遠出するときに連れて行くなど、いつもとは違う環境にさらしてあげるのも効果的でしょう。

リードを引っ張ったら「まわれ右」!

犬は、自分が行きたいところへリードを引っ張ると、飼い主さんもついてくると思っています。そのままついていきたい気持ちも分かりますが、ここは我慢。散歩をしているときに、犬がリードを引っ張ったら「まわれ右」をしましょう。そうして、犬に「引っ張っても行きたい方向に行けない」と教えます。

はじめは「まわれ右」ばかりで、なかなか散歩が進まないかもしれませんが、毎日練習すれば、少しずつリードを引っ張らなくなります。なお、まわれ右をしすぎて飼い主さん自身が転倒しないように注意しましょう。

飼い主さんに注目させて歩く練習をしましょう!

散歩に出かけるときは、ポケットにおやつやフードを多めに入れておいて、犬がリードを引っ張らずに飼い主さんの横を歩けているときに、おやつを犬にあげてほめてあげましょう。そうすると犬は、「飼い主さんと一緒に歩くと楽しい!」と覚えます。おやつをあげすぎないよう注意が必要ですが、適度に繰り返すことで自然とリードを引っ張ることが少なくなるでしょう。

以上、犬がリードを引っ張るのは、飼い主さんの普段からの行動が理由の可能性もあります。散歩中の引っ張りグセを直して、楽しく安全に愛犬との散歩の時間を楽しみましょうね。

出典/「いぬのきもち」17年2月号『しつけ直しレスキュー』
文/onishi
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

犬と暮らす

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事をもっと見る