1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. ワンちゃんをサラふわにキープ!被毛タイプ別お手入れ術をご紹介

ワンちゃんをサラふわにキープ!被毛タイプ別お手入れ術をご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ワンちゃんをサラふわにするためには?

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

たくさんの被毛に覆われたワンちゃんの体を触るのは、ふわふわして気持ちが良いですよね。そんなワンちゃんの被毛を、もっとサラサラ・ふわふわにキープしたいと思いませんか?そのためには日々のケアが肝心です!今回は、ワンちゃんの被毛のタイプ別に、最適な道具やブラッシング術をご紹介します。

ブラッシング術〜長毛編〜

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

長毛タイプのおもな犬種は、ポメラニアン、ゴールデン・レトリーバー、シー・ズー、ダックスフンド(ロング・ワイアー)、ミニチュア・シュナウザーなどです。

このタイプの犬種には、毛の生え代わりまでの期間が長く、抜け毛は比較的少ない一方で、毛が長いためからみやすい、といった特徴があります。サラふわな被毛を保つためには、毎日ブラッシングを行うよう心がけましょう。長毛タイプに適している道具は、スリッカー、コーム、ピンブラシなどです。

サロンケアでは、シャンプーで全体の汚れを洗い落としてからリンスし、耳の後ろなどもつれやすい箇所には再度リンスします。コームで根本から毛先までリンスの成分を行き渡らせることで、サラふわな被毛のキープに役立ちます。

ブラッシング術〜巻き毛編〜

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

巻き毛タイプのおもな犬種としては、プードルなどがあげられます。長毛種と同様に抜け毛は少なめですが、毛がカールしているためからみやすく、ゴミなどもたまりやすい傾向に。ふわふわの被毛を保つためには、こまめにブラッシングを行うことが大切です。巻き毛タイプには、スリッカーやコームなどのブラシが適しています。

お手入れ上手な飼い主さんたちは、つや出し効果のある豚毛ブラシで毛をほぐしてからコームで整える、細ピンブラシで根本を押さえながらブラッシングする、ブラッシングスプレーを全身になじませてからスリッカーをかけるなどの一工夫で、巻き毛タイプのワンちゃんのふわふわな毛をキープしているようです。

ブラッシング術〜短毛編〜

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

短毛タイプのおもな犬種は、芝、コーギー、シベリアン・ハスキーなどです。このタイプの犬種には、毛の生え変わりが早いため抜け毛が多いという特徴があります。サラつやの被毛を保つために、換毛期は毎日ブラッシングを欠かさず行い、抜け毛をしっかり取り除くようにしましょう。

短毛タイプのワンちゃんには、獣毛ブラシ、ラバーブラシ、スリッカー、抜け毛取りブラシなどのアイテムが適しています。特につやの出る獣毛ブラシや、抜け毛をしっかり取り除く抜け毛取りブラシの使用がおすすめです。

ブラッシング術〜極短毛編〜

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

短毛タイプよりさらに抜け毛が多いのが、フレンチ・ブルドッグ、イタリアン・グレーハウンド、ボストン・テリアなどの極短毛タイプです。このタイプには、獣毛ブラシ、ラバーブラシ、コーム、抜け毛取りブラシなどの道具が適しています。

シャワー前後にやわらなかラバーブラシをつかうと、皮膚へのマッサージ効果で血行がよくなり、毛づやアップも期待できます。保湿効果のあるブラッシングスプレーをプラスすると、よりなめらかな仕上がりになりますよ。

サラふわヘアーなワンちゃんを目指して

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

どのタイプでも、ブラッシングはこまめに行うのが基本。それにより、長毛タイプのワンちゃんはからまりや毛玉が予防でき、短毛タイプのワンちゃんの抜け毛もケアできます。タイプに応じて道具を使い分けることで、被毛をよりサラふわな状態にキープできるでしょう。ぜひ、ワンちゃんとの楽しいブラッシングタイムに役立ててくださいね。

参考/「いぬのきもち」2017年4月号『サラふわ犬飼い主さんのお手入れ術』(監修:トリミングサロンHONDEHOK運営 二村陽子先生)
文/riko
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

犬と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る