1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 連休は愛犬と出かけたい!あると便利なグッズと行き先別の注意点は?

連休は愛犬と出かけたい!あると便利なグッズと行き先別の注意点は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛犬とのお出かけには何を持って行くべき?

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

渋滞対策にクレートが便利!

道路が混雑したり渋滞したりした場合、トイレの心配が出てくるかと思います。そうならないためにも、渋滞情報はこまめにチェックし、混雑が予想される場合は先にSAなどでトイレ休憩させたり、渋滞が解消するまで時間をつぶしたりして対策をしましょう。

しかし、突然の渋滞などでどうしてもトイレに行けないこともあります。犬は寝床で排泄をすることを嫌がるため、クレートなら比較的我慢しやすいです。

お出かけ先に合わせよう!

普段の散歩に持ち歩いているグッズとリードはもちろん必要ですが、お出かけ先に合わせてプラスアルファの持ち物が必要となります。

海なら体を洗ってあげるための真水、山なら虫よけスプレーや汚れ防止のための洋服があるとよいでしょう。街など人の多い場所に行く場合は、刺激が多いので、普段のおやつを多めに持って行ったり、場合によっては、周りに配慮してマナーパンツをつけてあげたりするといいですね。傾斜の多い場所や歩きにくい場所には、犬用のカートやスリングがあると便利です。

愛犬とのお出かけで気をつけたいポイントは?

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

海へのお出かけ

水遊びが好きな犬におすすめなのが、海へのお出かけです。しかし、海辺にはガラスのかけらや流木、人の食べ残しや串など、犬にとって危険な物がたくさん落ちています。愛犬が誤食しないように細心の注意を払いましょう。

泳がせる場合は、犬は人より視野が狭いため、他の人などにぶつからないよう注意が必要です。また、砂が熱くて肉球をヤケドする場合もあるため、砂浜を歩かせる前にチェックしてあげるといいですね。

山へのお出かけ

山へのお出かけは、アクティブな犬と飼い主さんにおすすめです。山道では木の枝や石など誤食しやすいものに充分注意し、水たまりにも近づかないように気をつけましょう。蚊・ダニ・ノミなど虫が多くいることが予測されるため、予防は万全に!

また、これから気温や湿度があがってくるため、熱中症や熱射病対策として事前に水場を調べてから行くと安心です。

街へのお出かけ

街中は人目が多い分きちんとしたマナーが求められるため、お出かけ慣れしている飼い主さんに向いています。事前に犬連れで入れるお店をしっかり調べてから出かけましょう。

観光地などでは、愛犬が人にぶつかったり踏まれたりしないように配慮が必要です。犬連れOKのイベントが開催されることもありますが、犬が多く集まる場所は感染症のリスクも高くなるので注意してくださいね。

車でのお出かけを楽しむためのコツ♪

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

愛犬を車に乗せる場合は、車に乗る前に必ず排泄をさせ、30分おきくらいにSAなどで休憩しながら行くといいでしょう。ドライブのストレスを発散させるためにも、ドッグランのあるSAを事前にチェックして寄ってあげるといいですね。たっぷり遊んだあとは、体や足を拭いてブラッシングしてから車に乗せるのがポイントです。

いつもと違う場所にお出かけすることによって、共通の経験をすることができ、愛犬との絆も深まることでしょう。ただし、混雑が予想される場所に行く場合は、事前に施設のルールを確認し、周りへの配慮も忘れずに!

出典/「いぬのきもち」2018年5月号『みんなのお出かけプラン、見せてください♪』(監修:東京動物医療センター副院長 南直秀先生、「Can!Do!Pet Dog School」専任しつけインストラクター 川原志津香先生)
文/AzusaS
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

犬と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る