1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 愛犬とドライブで気を付けたい 車内外の暑さ対策や注意点は?

愛犬とドライブで気を付けたい 車内外の暑さ対策や注意点は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛犬と夏の思い出作りに「ドライブ旅行へ行きたい!」なんて、考えている飼い主さんもいるのではないでしょうか。しかし暑い日本の夏のドライブでは、少しでも油断すると愛犬が「熱中症」になってしまう危険性も…。今回は、夏のドライブの暑さ対策や注意点について解説します。

車内の空調管理は徹底しよう!

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

夏のドライブ中の車内では、エアコンによる空調管理は必須です。犬を入れるクレートはエアコンが効きやすい後席か、助手席の足元に置くようにしましょう。また、後席に乗せる場合は、窓に日よけのカーテンを付けて、クレートに直射日光が当たるのを防ぐのも大切です。

どんな場合でも車内に犬だけを残さない!

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

たとえ日が当たらない場所に駐車していても、夏場の車内は蒸し暑くなります。また、車内に残された不安から、犬が吠えたり騒いだりすると、あっという間に体温が上がって「熱中症」になってしまう危険性があります。どんなに短い時間や日陰に駐車した場合でも、車の中に犬だけを残して席を外すことは、絶対にやめてください。

キャリーバッグ等にはひんやりアイテムを入れて!

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

ドライブ中にショッピングモールやレストランなどに立ち寄る際は、犬をキャリーバッグやカートに入れることもあるでしょう。その際は、中に犬用のクールマットやタオルを巻いた冷凍ペットボトルなど、ひんやりグッズを入れて、涼を取ってあげるようにしてください。

また、キャリーバッグなどに入れている最中は、暑がったりグッタリしたりしていないか、愛犬の様子をこまめにチェックすることが大切です。外に出して、水分補給させる時間も多めにとるように心がけましょう。夏場は内部が蒸し暑くなりやすいため、少し大きめでメッシュ付きのキャリーバッグやカートがおすすめですよ。

歩かせるときは冷感・冷涼効果のあるアイテムを活用

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

目的地に着いたら、愛犬をお散歩をさせることもあるでしょう。そんな時は、ひんやりする洋服や、保冷剤を包んで首につける「クールタイ」などを使うのがおすすめ。暑さ対策になりますよ。とくに毛が短い犬は、熱い外気や紫外線、地面からの輻射熱(ふくしゃねつ)を受けやすいので、冷涼タイプの服を着せるといいでしょう。

洋服やクールタイが苦手な犬の場合は、犬用の冷感スプレーを脇やお腹に吹きかけてあげるのもいいでしょう!

「熱中症」は怖い病気!夏のドライブは暑さ対策を徹底しよう

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

犬は全身を毛でおおわれているため、蒸し暑い夏場のドライブは、しっかりと暑さ対策を取らないと「熱中症」になってしまう危険性があります。「熱中症」はいったん発症すると、命の危険にさらされることも少なくありません。今回ご紹介した暑さ対策や注意点を参考に、「熱中症」対策を徹底し、愛犬との楽しい夏の思い出を作ってくださいね!

参考/「いぬのきもち」2017年7月号『サーモグラフィーで見て納得!危険スポット別熱中症リスク対策』(監修:ノヤ動物病院 院長 野矢雅彦先生、一級建築士及びトリミングサロン「HONDEHOK」運営 トリマー 二村陽子先生)
文/hasebe
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

犬と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る