1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 不安な気持ちでいっぱい…愛犬をスーパーの前に繋いで待たせる4つの危険性とは

不安な気持ちでいっぱい…愛犬をスーパーの前に繋いで待たせる4つの危険性とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
待たされるシェパード

スーパーの前に繋がれて、ひとりぼっちで飼い主さんの帰りを待つ犬の姿を見たことがある人もいるでしょう。

買い物に来た飼い主さんがお店の前で愛犬を待たせているのですが、安全性については気になるところ。

犬をお店の前で繋いで待たせる行為の危険性について、いぬのきもち獣医師相談室の先生に聞いてみました。

犬を繋いで待たせる4つの危険性

待たされる柴犬

犬を繋いで目を離すことは、大変危険な行為です。大きく分けて、以下の4つの危険が考えられます。

①犬が危害を受ける可能性

犬が好きな人だけとは限りません。犬が嫌いな人にいたずらをされたり、ひどい目に遭わされる可能性もあります。

また、犬が好きな人でも、勝手に食べ物を与えるような人もいるので注意が必要です。 

②犬がさらわれる危険性 

「人懐っこいコはかわいいから」といって、連れ去られる危険性もあります。

連れ去られてしまっては探しても見つかりません。とくに小型犬は簡単に連れ去ることができるので要注意です。

③犬が攻撃する可能性 

どんなに慣れているコでも、絶対に人に危害を加えないとは限りません。緊張して待っているところで知らない人が寄ってきたりしたら、恐怖心から人を噛んでしまったりすることがあります。

小さい子どもなどは突然手を出すこともあり、びっくりしてしまうと攻撃してしまうことも。とくに警戒心の強い性格の犬では要注意です。

また、犬が好きな人だけとは限らないため、犬嫌いな人にとってはお店の前に犬が繋がれているだけで不安になったり、恐怖を感じる人もいます。

④リードが壊れたり、繋いでいるところが外れて犬が脱走する可能性

どんなにしっかり繋いだと思っていても、犬が人や車、大きな音に驚いたりしてパニックになったり、思わぬことでリードが外れてしまったりする可能性があります。

脱走してしまうと、迷子になってしまい帰ってこられなくなったり、交通事故の危険性も。命に関わる事態を引き起こす可能性もあり、大変危険です。

お店の前に繋がれて待つ犬の気持ち

見つめるチワワ

お店にはたくさんの人が出入りします。近寄ってくる人もいるでしょう。知らない人がたくさん出入りする中で飼い主と離れるということで、犬は心細くとても不安な気持ちになってしまいます。

飼い主の方は「すぐに戻って来るから」という意識でも、犬には言葉が通じません。いつ戻って来るかわからない不安な状態で、飼い主のことを待ち続けることになってしまいます。

獣医師が思う「犬を繋いで目を離すのが危険なワケ」 

待たされる犬

飼い主の目の届かない場所では、なにが起こっても気づいてあげられないケースがあります。

たとえば、通りすがりの人からおやつや食べ物をもらって知らない間に食べてしまったり、その場に落ちているものを拾い食いしてしまう可能性もあります。

そのように「慣れない物」を食べることで、下痢や嘔吐を引き起こす可能性があります。

また、煙草の吸殻などの「食べてはいけない物」を誤食してしまうことがあり、中毒を引き起こし、最悪の場合には命に関わる可能性もあるのです。

愛犬の体調不良の原因に飼い主が気づけないことも……

飼い主の見ていないところで起こってしまったことでは、体調を崩してしまっても、原因がはっきりとわからないままになってしまいます。

原因がはっきりしないまま体調を崩した場合には、動物病院も適切な対処のしようがありません。

犬がパニックなることも

また、車や大きな音などに驚いて、犬がパニックになってしまうこともあります。少しの時間であっても愛犬から目を離すことは大変危険なことだと理解してください。

待たされる犬

「ほんの少しの間だから大丈夫」と思っていても、犬はとても不安な気持ちになってしまいます。

どうしても仕方がない状況もあるかもしれませんが、外に繋いだまま目を離すことはとても危険なことだと、飼い主さんはぜひ心に留めておいてくださいね。

(監修:いぬのきもち・ねこのきもち獣医師相談室 担当獣医師)
※写真は「いぬ・ねこのきもちアプリ」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。
取材・文/sorami

犬と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る