1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. <PR>【試写会ご招待】犬好き必見!大ヒットを記録した犬と人間のラブストーリー!待望の続編が公開決定!

犬と暮らす

UP DATE

<PR>【試写会ご招待】犬好き必見!大ヒットを記録した犬と人間のラブストーリー!待望の続編が公開決定!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加




生まれ変わりを繰り返す犬のベイリーと、飼い主のイーサンの絆を描いた大ヒット映画『僕のワンダフル・ライフ』から2年。ついに待望の続編『僕のワンダフル・ジャーニー』の公開が決定しました! そこでいち早く25組50名様を特別試写会にご招待します。よみうりホールにて、9月6日(金)開場18:00/開映18:30(上映時間1時間49分)。ぜひご応募ください!

試写会応募詳細はこちら

家族目線でストーリーに夢中になれる今作!

『僕のワンダフル・ジャーニー』は、主人公の犬、ベイリーが最愛の飼い主のイーサン、その妻ハンナと幸せな日々を送っているところから始まります。そこへやってきたのが、夫妻の亡くなった息子の妻グロリアと幼い娘のCJ。イーサンは孫のCJがかわいくてしかたがないのですが、ある日、グロリアがCJを連れて出て行ってしまいます…。
孫娘との別れを悲しむイーサンに寄り添うベイリーですが、そのベイリーにも命の終わりが。イーサンは愛犬との絆を信じて「CJを守ってほしい」と送り出し、ベイリーはその願いを胸に再び生まれ変わる旅へ出ます。
「犬の目線」を楽しめた前作に続き、今作は「家族の目線」でもストーリーに夢中になれます。もし自分だったら、うちのコだったら…と想像するだけで涙があふれてしまうかも。

繰り返す旅路にある奇跡の絆と健気な犬たちに涙…

今回もベイリーはさまざまな犬種に生まれ変わります。まずはビーグルとキャバリアのミックス犬のモリーとなり、離ればなれになったCJと出会い、幼いCJを懸命に守ります。
次にビッグ・ドッグ(アフリカン・ボーアボール)から、マックス(ヨークシャー・テリア)へと転生したときは、これらの旅路で身につけた特技で大活躍!

家族をひとつにするために歩み続けたベイリーの努力、心で通じ合っているベイリーと家族を見ているだけで幸せな気持ちに。観たあとは家で待つ愛犬を抱きしめたくなること間違いなし!

前作でも話題になった犬たちの名演技ぶりが再び見られる!

前作でベイリーは、ゴールデン・レトリーバーとして生まれ、生まれ変わりを繰り返してバディ(グレート・ピレニーズとバーニーズ・マウンテン・ドッグのミックス犬)となりました。続編はこのバディからスタートします。このシリーズに登場するさまざまな犬種や名演技も見どころです。
ここでは今作に登場する犬たちのプロフィールと一緒に犬種の性格や特徴などを紹介します。照らし合わせながら観てみるとより楽しめるかも♪

ベイリー/バディ(グレート・ピレニーズとバーニーズ・マウンテン・ドッグのミックス犬)

グレート・ピレニーズは体重60kgにもなる超大型犬で、まるでシロクマのような存在感とフワフワした豊かな被毛の持ち主です。家族への愛情表現が豊かで、性格もおおらかで穏やか。
また、バーニーズ・マウンテン・ドッグはグレート・ピレニーズと同じく家畜を守る役割を担ってきた犬種。体重45kgにもなる大型犬ですが、飼い主さんには従順で甘えん坊。バディはこの2つの犬種の特徴を備えた「気はやさしくて力持ち」という性格でしょう。イーサンを思う気持ちは“犬一倍”! 前作のラストで大活躍したボールプレイも健在です。

モリー(ビーグルとキャバリアのミックス犬)

モリーはビーグルとキャバリアのミックス犬、ビーグルの明るくて社交的、勇敢、好奇心旺盛だけど、思いがけないいたずらをしてしまう部分と、キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルのやさしい性格で物覚えがいいという特徴を併せ持っているかもしれません。初心者に向いている犬種の代表格なので、初めて犬を飼うCJにぴったり。ひとりぼっちのCJの親友になります。

ビッグ・ドッグ(アフリカン・ボーアボール)

マスティフのようにたくましいボーアボールは、体重が最大で90kgにもなる超大型犬。農家を守る護衛犬として、ときには猛獣とも相対したほど勇猛果敢な犬種です。家族にはやさしく忠実で、ビッグ・ドッグと名付けてくれた飼い主さんにもよく懐いていました。

他者にはやや警戒心がありフレンドリーなタイプではありません。ところが、ニューヨークへ向かう途中のCJと出会ったときのシーンでは、ビッグ・ドッグの飼い主さんがおどろくあることをします。そこはぜひ劇場で♪

マックス(ヨークシャー・テリア)

体重約3kg以下の小型犬で、シルクのような美しい被毛の持ち主です。「動く宝石」とまで呼ばれる優美な姿ですが、じつは気が強く聡明で活発。自立心もあり、自分で考えてどんどん行動するタイプ。小さな体で困難に立ち向かうマックスそのまま! CJとは、ニューヨークでミュージシャンの夢を叶えようとしているときに再会します。前作では中・大型犬へ転生したベイリーですが、小型犬になってもその勇敢さは変わりません。

新作『僕のワンダフル・ジャーニー』に『いぬのきもち』スタッフも感動!映画館に行く前に前作の鑑賞もおすすめ

『僕のワンダフル・ジャーニー』公開に先立ち、前作の『僕のワンダフル・ライフ』を観た
『いぬのきもち』スタッフの感動の声を紹介します。

●感動話をポップなリズムで展開しているのでお涙系が苦手な人にもおすすめ。
●鑑賞後は「もしかしてうちのコも以前飼っていたあのコかも!」と思いにふけってしまいます。
●しっぽを追いかけてくるくる回るしぐさや、ボールをキャッチする得意技で家族に「ベ
イリーだよ!」とアピールする姿を大画面で観るのは癒やしの極み。
●飼い主のことを思い続けて、何回も生まれ変わるベイリー。飼い主さんとベイリーの、
いつまでも変わらないかたい絆に感動しました。
●ご主人であるイーサンと、犬のベイリーがとっても仲よしで、観ているだけで癒やされました!
●いつでも飼い主さんの幸せを願い続けるベイリーの健気な姿に、ぐっときました。

前作は、ベイリーとイーサンの絆を描いていましたが、今作は家族を幸せへと導くベイリーのひたむきな姿に注目です。長い長い旅の終着点にある奇跡の絆をさまざまなカタチで教えてくれます。うちのコとの絆もますます強くなりそう…。

無料試写会に25組50名様をご招待!

今回、この記事をご覧のみなさまの中から抽選でなんと25組50名様を無料でご招待! ぜひ、この機会にご応募ください。
【試写会詳細】
●日時:9月6日(金)
開場18:00 開映18:30(上映時間1時間49分)
●場所:よみうりホール
※発送をもって、当選とかえさせていただきます。

25組50名様無料試写会のご応募・詳細はこちらから

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る