1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 犬のウンチの放置。マナー違反だけじゃない、人や犬への感染症問題とは

犬と暮らす

UP DATE

犬のウンチの放置。マナー違反だけじゃない、人や犬への感染症問題とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

身勝手に放置された犬のウンチが原因で、人間と犬に病気が感染する可能性があるのをご存知ですか?今回は、いぬのきもち相談室の獣医師が「犬のウンチの扱い方と感染症」について解説します。

犬のウンチ問題で悩むユーザーの声

なんだって?ウンチを拾わない人がいるって?!
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

いぬのきもちユーザーから、以下のようなご相談が寄せられておりますので、ご紹介します。

「お散歩中に犬のウンチを拾わない人がいるようで、毎日同じ場所に放置されタイヤで踏まれ、雨でぐちゃぐちゃになると道路に広がり、たくさんの人も犬も通るので衛生的に心配です。」

犬のウンチから感染する恐れのある「人獣共通感染症」

お散歩中にウンチを拾うのは当たり前
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

人と動物の両方に感染する病気の総称を「人獣共通感染症(ズーノーシス)」といいます。人と犬が気を付けたい人獣共通感染症の中で、便を介して感染する病気の1つに、寄生虫(犬回虫)があります。

犬の便に含まれている寄生虫の卵をなんらかの方法で口に入れてしまうと、犬(特に子犬)は食欲不振、下痢、嘔吐などを起こし、人ではまれに寄生虫の幼虫が肝臓や脳、目などに移行して障害を起こすこともあります。

他にも、犬の症状はあまり出ないものの、病原細菌が増殖した犬の便も感染源となり、人が感染すると胃腸炎(発熱、下痢など)を起こすこともあります。

犬のウンチの扱い方に気をつけよう

動物の便が原因で、人間や犬が病気になる可能性はゼロではありません。病気に感染した動物や、病気の動物が排泄した便には直接触れないようにしましょう。

便を拾ったり床についた便を処理する場合は、換気を十分にした上で便が飛び散らないように注意して、処理後は手洗いを十分に行いましょう。

また、人獣共通感染症を予防するためにも、愛犬の身の回りは清潔にし、犬に触れた後は必ず手を洗うようにしてください。

フン放置は飼い主のマナーやモラルの問題

トイレで上手にウンチ中
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

犬のお散歩時は必ず拾えるところでウンチをさせ、飼い主さんが始末を行いましょう。自宅でトイレをさせてからお散歩に行くようにしつけをするのもよいでしょう。

愛犬のウンチを拾うことは、飼い主の責務です。1人の「まぁいいか」が、街を汚し、感染症リスクを高めることを知ってください。

監修:いぬのきもち獣医師相談室
文/maki
※写真は「いぬのきもちアプリ」で投稿いただいたものです
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る