1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. しぐさ・生態
  4. 行動
  5. 犬の体をかくと後ろ足をバタバタさせるのはなぜ? 獣医師に聞いた

犬と暮らす

UP DATE

犬の体をかくと後ろ足をバタバタさせるのはなぜ? 獣医師に聞いた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

犬のわき腹や耳の裏などをなでたりかいたりすると、後ろ足をバタバタと動かし、かゆいところを自分でかいているかのような行動を見せたことはありませんか?
犬が自分でかいているわけではないのに、なぜ後ろ足が動くことがあるのでしょうか。

今回はこの不思議なしぐさについて、いぬのきもち獣医師相談室の先生に聞きました。

犬の体をかくと後ろ足を動かすのはなぜ?

お散歩中のシー・ズーとお花
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

――犬のわき腹や耳の裏をなでたりかいたりすると、犬が後ろ足をバタバタと動かし、自分でかいているようなしぐさをすることがあるようです。これはなぜでしょうか?

いぬのきもち獣医師相談室の獣医師(以下、獣医師)
「犬をなでたりかいたりしたときに犬の後ろ足が動くのは、その部分がかゆいからといえます。
かゆいところを刺激されて余計にかゆくなったため、その部位をかきたいと後ろ足が自動的に動いているのです」

――なでると後ろ足が動く部位は他にもありますか?

獣医師
「かゆみがあれば、首の後ろ・頭の後ろ・背中などをなでた際にも後ろ足が動くことがあるでしょう。
普段後ろ足でかくところ、かけそうなところ、口が届かないところを触ると、そのような行動が見られる場合があります」

犬が後ろ足をバタバタさせていても、なで続けて大丈夫?

笑顔のような表情の柴犬
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

――わき腹などをなでたときに犬が後ろ足を動かしてかいているようなしぐさをした場合、なで続けていても問題ないですか?

獣医師
「かゆそうなくらいバタバタと後ろ足を動かしているのであれば、かゆみの症状が悪化するおそれがあるため、やめたほうがよいでしょう。かゆみに関して動物病院で診てもらっていないのであれば、受診してください」

何もしていないのに動かす場合も要注意

ふさふさの被毛がかわいい中型犬
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

――飼い主が何もしていないのに、犬が後ろ足をバタバタと動かす場合は、どういった理由があるのでしょうか。

獣医師
「かゆそうにしているのであればかゆいからといえますが、倒れて足をバタバタさせているのであれば痙攣(けいれん)かもしれません。
飼い主さんが触っても触らなくても、足をバタバタさせること自体が異常なので、足がバタバタしていると思ったら、動物病院を受診して異常がないか診てもらってください

愛犬がこのような行動をしていると、「自分の後ろ足でかいているつもりになっているのかな?」と思ってしまいそうですが、実は「かゆいところを刺激されたからもっとかきたい」ということだったようです。

かゆみの症状が心配な際は獣医師に相談してみましょう。

(監修:いぬのきもち・ねこのきもち獣医師相談室 担当獣医師)
取材・文/松本マユ
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る