1. トップ
  2. 犬が好き
  3. 雑学・豆知識
  4. 全部で何本?犬も虫歯になるの?意外と知らない「犬の歯」のヒミツ

犬が好き

UP DATE

全部で何本?犬も虫歯になるの?意外と知らない「犬の歯」のヒミツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

犬の歯は、上下合わせて42本あるのを知っていますか?
飼い主さんは歯磨きなどで愛犬の歯をよく見ると思いますが、意外と知らないことも多い「犬の歯」にまつわる豆知識をご紹介します。
なるほど~と思う雑学から、ちょっと意外な真実まで、犬の歯の秘密に迫ります。

じつは、ほとんどの歯を日常では使っていない

柴のはなちゃん
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

全部で42本ある犬の歯のうち、じつは大半の歯が日常では使われていません。
犬が食事で使用するのは前臼歯(ぜんきゅうし)と後臼歯(こうきゅうし)の一部分だけといわれており、歯垢もこの部分にたまりやすいです。
また、もともと肉食動物だった犬の歯は、食べ物をすりつぶす構造をしておらず、肉などを噛み切ることに特化した歯並びになっています。

犬の「噛む力」は、なんと100kg以上!

チワワの蘭丸くん
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

犬は強靭なあごをもっており、噛む力は人の2倍以上といわれています。人の嚙む力が約50kgなのに対し犬は100kg以上もあるので、その強さに驚かされますね。
しかし、犬の歯は特別に丈夫というわけではなく、かたいものをかじって歯が欠けてしまい、動物病院を受診するケースも多いよう。
人の手で曲げられないかたさのおやつ、おもちゃは歯の破折(はせつ)のリスクがあるので、与えないほうがいいでしょう。

犬の歯は虫歯になりにくい

MIXの琥珀くん
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

犬の口の中はアルカリ性で保たれているため、虫歯菌が増えにくい口内環境になっており、犬はほとんど虫歯にならないといわれています。
しかし一方で、歯垢と唾液の成分が結合しやすいため、歯石がたまりやすいという性質があります。歯垢は3~5日で歯石になり、歯石がたまると歯周病の原因になりますので、毎日の歯みがきはとても大切です。

抜けた乳歯は見つけたら激レア!?

ポメラニアンのメルちゃん
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

犬の乳歯は生後4~6ヵ月ごろにすべて永久歯に生え変わりますが、抜けた乳歯は飲み込んで排泄しているケースが多いようです。そのため、愛犬の抜けた乳歯を見たことがないという飼い主さんも。もし抜けた乳歯を見つけられたら、とてもラッキーかもしれませんね。

いかがでしたか?
愛犬の歯を毎日しっかりケアをして、いつまでもキレイで健康な歯をキープしてあげたいですね。

参考/「いぬのきもち」2020年12月号『獣医師が教えるやさしいカラダ学 Vol.2 今月のテーマ 歯』(監修:プリモ動物病院相模原中央院長 白畑壮先生)
文/terasato
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   犬が好き

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る