1. トップ
  2. 犬が好き
  3. 雑学・豆知識
  4. 犬・猫と家族の24の話
  5. 「もっとしてあげられたことがあった」亡き先住犬への思いが覚悟へ変わった——再び犬と暮らし感じる、かけがえのない幸せ

犬が好き

UP DATE

「もっとしてあげられたことがあった」亡き先住犬への思いが覚悟へ変わった——再び犬と暮らし感じる、かけがえのない幸せ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最愛の愛犬との別れを経験し、「もっとなにか、してあげられることはなかっただろうか」と後悔の日々を過ごしていたという、有加さん(埼玉県)。

そんなときに、現在の愛犬・チョコプリンちゃん(柴犬/取材当時1才)と出会ったといいます。

チョコプリンちゃんとの出会い

子犬時代のチョコプリンちゃん
子犬時代のチョコプリンちゃん
@kuroshibawanwan_choco_

チョコプリンちゃんと出会う前に、有加さんご家族は先代犬・プリンちゃん(柴犬/享年14才)との別れを経験していました。

14才のプリンちゃんの具合が悪くなってきた頃、新型コロナウイルス感染症の影響で、有加さんは家にいる時間が以前よりも長くなっていたそう。日に日に弱っていくプリンちゃんの姿を見ていて、「もっといろいろなところに行けばよかった」「もっと一緒にいる時間を増やせばよかった」と、後悔ばかりしていたといいます。

有加さん:
「プリンを家族に迎えた頃、私は学生生活を送っていたため家にいる時間が少なく、プリンのお世話をほとんど親に任せていました。しっかり向き合えたのは、亡くなる1年前くらいだったと思います。

コロナ禍でおうち時間が増え、ごはんをあげたりお散歩をしたり、今までできなかったことをするうちに、プリンがすごく歳を取っておばあちゃんになったことに気づかされました

プリンのことをもっと気にかけてあげたらよかったなと、後悔の気持ちでいっぱいでした」

お父さんにすすめられて、子犬を見に行くことに

子犬時代のチョコプリンちゃん
子犬時代のチョコプリンちゃん
@kuroshibawanwan_choco_

プリンちゃんと向き合い、プリンちゃんの最期を看取った有加さん。プリンちゃんが亡くなってから、有加さんは寂しくてつらい日々を過ごしていました。

そんなある日、有加さんはお父さんに「柴犬のブリーダーさんのお宅に子犬を見に行ってみよう」と誘われ、家族で足を運んでみることにしたのです。

最初は「見に行くだけ」という思いだった有加さんでしたが、ブリーダーさんの家でチョコプリンちゃんに会うと、その愛らしさに心を動かされたのだとか。触れ合っているうちに、「家族に迎えたい」と思うようになったといいます。

プリンちゃんが有加さんに教えてくれた、愛情や責任、命の尊さ。有加さんは、「次に家族に迎えるコも大切に育てる」と、覚悟が芽生えていました。そしてご家族でよく話し合った末、チョコプリンちゃんを迎えることとなったのでした。

チョコプリンちゃんを迎え、家の中がより明るくなった

見つめるチョコプリンちゃん
1才になったチョコプリンちゃん。「チョコプリン」という名前は、先代犬のプリンちゃんからもらったのだそう。
@kuroshibawanwan_choco_

チョコプリンちゃんを家に迎え、再び犬との暮らしをスタートさせた有加さんご家族。もともと家族全員おしゃべりだったそうですが、チョコプリンちゃんがやってきて、家の中がより明るくなったと感じているそう。

有加さん:
「父は仕事が終わると、『あ〜疲れたー』とため息をついて帰ってくることが多かったのですが、チョコプリンが来てから『チョコちゃんただいまー!』と、元気に帰ってくるようになりました!

家族みんな、毎日チョコプリン中心の生活を送っていますね」

ボールをくわえるチョコプリンちゃん
@kuroshibawanwan_choco_

有加さんご家族の愛情をたくさん感じながら、健やかに成長していったチョコプリンちゃん。人や犬が大好きで、みんなから愛されるコに成長したそうです。

そんなチョコプリンちゃんは、かなりのお転婆さんなようで、子犬時代にはこんな出来事もあったのだとか。

有加さん:
「ソファで横になっていると、チョコプリンはどこからともなく現れてダイブしてきて、私の髪の毛や二の腕を甘噛みしてきました。どうしても髪の毛に興味を示してしまうので、噛まれないように20cmくらい切ったことを覚えています(笑)

でも、いつしか隣で大人しく座っていられるようになり、今では髪の毛にはまったく興味がなくなりました。チョコプリンの成長を感じましたね」

笑顔が可愛いチョコプリンちゃん
@kuroshibawanwan_choco_

有加さんがチョコプリンちゃんと出会ってから、1年が経過します。チョコプリンちゃんとお散歩をしていると四季を感じられるようになったり、「心が豊かになった」と感じているそうです。

ここまで大きな怪我や病気などもなく、元気に育ってくれたことに感謝の気持ちでいっぱいだと話す有加さん。

最後に、チョコプリンちゃんとの暮らしについて、こう思いを話していました。

有加さん:
「犬と暮らすということは、いろんな面でお金がかかります。『仕事を頑張ろう』というモチベーションにも繋がっていると思います。

ぽかぽか晴れた日には、チョコプリンを抱っこして、庭や公園でただ一緒に座って日向ぼっこをするのが日課になっています。そんな穏やかな時間や空間が大好きで、私にとって一番幸せな時間だと気づきました。

犬との暮らしで、お金では買えない幸せというものも感じていますね」

写真提供・取材協力/有加さん(埼玉県)
Instagram(@kuroshibawanwan_choco_
※この記事は投稿者さまにご了承をいただいたうえで制作しています。
取材・文/雨宮カイ

CATEGORY   犬が好き

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る