1. トップ
  2. 犬が好き
  3. 雑学・豆知識
  4. 保護犬
  5. 多頭飼育崩壊から救われた保護犬に「安心していいんだよ」と伝える日々  8年経ち、何気ない行動が愛おしいかげがえのない存在に

犬が好き

UP DATE

多頭飼育崩壊から救われた保護犬に「安心していいんだよ」と伝える日々  8年経ち、何気ない行動が愛おしいかげがえのない存在に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ぬいぐるみのようにじっと動かず、感情表現もとぼしかったせいか、兄弟犬が引き取られた後も保護センターにいたというアンちゃん。そんなアンちゃんを「家族として迎えたい」という強い決意で迎えた飼い主であるジャーキーさんが愛情をもって接し続けた日々の奮闘と、幸せな毎日を過ごす現在の様子を伺いました。

見ている方も笑顔になってしまうほど愛らしい満面の笑顔のアンちゃん

片隅で震えるアンちゃんに出会い、迎え入れることを決意

保護センターで初めて対面したときのアンちゃん

アンちゃんをお迎えしたのは、先代犬を老衰で看取った半年後。別れの辛さを経験していたので、新たに犬を迎えることに際してはよくよく考えたというジャーキーさん。

愛犬と一緒に過ごした日々は笑顔とともにあり、かけがえのない時間でした。『保護犬だった先代犬も喜んでくれるのでは?』と妻が後押ししてくれたこともあり、保護センターへ足を運びました」

多頭飼育崩壊の現場から救われたという、兄弟犬を含む50頭近くの犬たちはすでに引き取られた中、引き取りに至らずにいたのがアンちゃんでした。
初めて出会ったときは声も出さず、表情が変わることもなかったというアンちゃん。目を合わせることもできませんでしたが、それでもたまらなく愛おしく感じ、家に迎えることを決意します。

「大好きだよ」「いいコだね」を言葉とスキンシップで伝え続ける

お誕生日のひとコマ。抱っこされ、ケーキを前にして笑顔に。

ジャーキーさんがアンちゃんを迎えてまず意識したのは「ここに怖いものはなく、安心だよ」、「アンちゃんは我が家の家族だよ」ということを伝えることだったといいます。

迎えたばかりの頃は、部屋の隅でじっと動かず、鳴いたり吠えたりすることもありませんでした。あまりにも動かないので心配になり、留守中の様子をビデオ撮影してみたところ、楽しそうに部屋の中を歩き、ニオイを嗅いで回るアンちゃんの姿が。
「具合が悪いわけではないのだ」とひと安心します。

そこで毎朝いちばんに、そっと頭をなでながら「アンちゃんはいいコだよ。うちの大事な家族だよ」と声をかけることに。反応がなくても話しかけるよう心がけ、「アンちゃんが大好き」と伝え続けます。

ごはんも、人の視線を感じると食べるのを止めてしまっていました。そこで、ごはんを食べたり、何かに興味をもってくわえたりしたら、それが危険なものでない限り「よく食べられたね」「上手に遊べたね」と褒めることに。

お散歩も怖がって行きたがらないため、近くの公園まで抱っこで向かい、そこで降ろすと家に帰りたい一心で走って帰る…といった具合。
そこでお散歩後はリラックスできるよう、背中や腰のマッサージをしながら時間をかけて褒めてあげるようにしたそう。
すると徐々にしっぽをくるんっと上げてお散歩ができるようになり、今では帰宅後にフセをしてマッサージをせがむまでになりました。

アンちゃんの何気ない行為ひとつひとつに心和む日々

ソファでうたたねするご主人に寄り添うように寝るアンちゃん
ソファでうたたねするご主人に寄り添うように寝るアンちゃん

今では、人の視線を気にすることもなくのんびりと過ごし、ときにはおなかを見せてお昼寝をしたり。家族になってくれていると実感しているといいます。

ソファでうたたねをしているとアンちゃんが一緒に寝ていることもあるそうで、「ふと目が覚めたときにソファの上から私の顔を見つめるアンを見ているととてもあたたかい気持ちになります」とジャーキーさん。

「感情表現が苦手でぬいぐるみのようにじっとしているコだったので、ごはんを食べたり、トイレをしたり、散歩に行ったりと当たり前のように思える何気ない行為ひとつひとつがとても愛しく、心を和ませてくれます。
何よりそばに来て笑顔を見せてくれたとき、このコは我々にとって本当にかけがえのない自慢の娘だと心から思います」

家族が増え、アンちゃんにさまざまな変化が

まるで会話をしているようなトランくん(左)とアンちゃん(右)

アンちゃんを迎えた4年後には、同じ保護センターから猫のトランくんを迎えます。ドッグランに行っても他の犬と遊ぶそぶりを見せなかったアンちゃんでしたが、トランくんにはやさしいお姉さんとしての一面も見せ始めます。

子猫だったトランくんが遊びに誘うと、しっぽを猫じゃらしのようにパタパタと動かして遊んであげたり、トランくんがクンクンと甘えて寄ってくると同じように鼻をスリスリ。
まるまって眠るアンちゃんに包まれるようにトランくんが寝ていることも。

しっぽを猫じゃらしのようにパタパタ動かすアンちゃんも楽しそう

「外出先から帰ると、ときどきアンとトランが揃って窓からこちらをじっと見ていることもあり、そういうときは家の前で思わず笑顔になってしまいます」

アンちゃんを迎え入れてから8年。
ジャーキーさん一家の愛情やトランくんとのふれあいを通し、自分なりに意志を伝えるまでになったというアンちゃん。
おねだりをするときはおすわりをし、満面の笑みでじっと見つめてくるそうで、「我が家では“つぶらな瞳作戦”と呼んでいます」とジャーキーさん。
家族の一員として毎日をのびのびと過ごしています。


取材協力・写真提供/ジャーキーさん(大阪府)
取材・文/青柳恵美香

CATEGORY   犬が好き

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る