1. トップ
  2. 犬が好き
  3. ヒト化?する犬たち【穴澤賢の犬のはなし】

ヒト化?する犬たち【穴澤賢の犬のはなし】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヒト化?する犬たち

いぬのきもちweb

わが家では、寝るときに大吉も福助も人間用ベッドにあがっていいことにしている。おかげでベッドは抜け毛だらけだが、それはまぁ仕方ないとして、これまで犬と暮らしてきて不思議に思うことがある。

いぬのきもちweb

本来、犬は人間のベッドで眠る習慣はない。ひと昔前の「犬の飼い方」から考えてみてもあり得ないことかもしれない。子どものころは犬小屋に入ってでも犬といっしょに眠りたくてしょうがなかったが、犬のほうが嫌がったし、人がそばにいると寝ようとはしなかった。たとえ飼い主であっても、本能的に睡眠という無防備な状態をあまり見せたくなかったのだろう。

いぬのきもちweb

そのころから比べると、犬の飼い方も随分変わった。室内飼いが当たり前になり、大人になってからはじめての犬「富士丸」とも、狭い1DKで「飼う」というよりはほとんど「同居」という感じで暮らしていた。しかし当時は「しつけをしっかりしなくては」という意識が強く、富士丸を人間用のベッドにあげることはなかった(当時はシングルベッドだったので大型犬と人間が寝るのは物理的にも無理があった)。そんなわけで、富士丸はベッドの脇にこしらえた専用の寝床で毎晩眠っていた。

いぬのきもちweb

富士丸が子どものころに実家で飼っていた犬と違ったのは、そばに人がいようと、たとえそれがうちに遊びに来たお客さんであったとしても、平気で爆睡することだった。家飲みなどでワイワイやっている横で、夢でも見ていたのか突然白目を向いて足をバタつかせたりするので、よくみんなで笑ったものだった。犬が本気で眠る姿を見たのは、富士丸が最初だった。そのうち、しつけとかルールが段々ゆるゆるになってきて別にベッドにあがってもいいようになったが、それでも一度ついた習慣からか「ちゃんと眠る」ときは、富士丸はベッドから降りて自分用の寝床で寝るのだった。

いぬのきもちweb

大人になって、もう誰に怒られることもなく犬といっしょに眠れるはずだったのにと、その点だけはちょっと残念だったので、大吉については最初から人間用のベッドで寝かせるようにした。最初は足下で丸くなっていたり、数時間ごとにちょこまか場所を移動していたが、朝まで人間用のベッドで眠ることは彼の中でも当然になっていった。

いぬのきもちweb

そして新たに迎えた福助も、当たり前のようにベッドで寝ている。ただし、福助の場合は当初のトラウマがあったので、あまり無防備な姿は見せなかった。昔の大吉と同じように、足下で丸くなっているか、窓際の狭いところに縮こまるように寝ていた。触ろうとするとすぐに起きるし、眠いときに触ると「ガウ!」と怒ったりしていた(今はもう噛んだりはしないが)。

いぬのきもちweb

それが少しずつ変わってきて、最近では自ら枕に近寄ってきたり、人の上に体重をかけて眠ったりするようになってきた。寒いせいか、掛け布団の中に入れて抱き寄せても(これがモフモフで気持ちいい)、そのまま眠ったりもする。これはよく考えると不思議なことだと思う。もともとベッドで寝る習慣などない犬が、人間の考え方次第で、睡眠のスタイルさえ変えてしまうのだから。

いぬのきもちweb

人間用のベッドで犬といっしょに寝る場合、その位置で犬と人間の関係がわかる(たとえば犬が枕元にいるのは自分が飼い主を守らなければと思っているとか)というトレーナーの説を聞いたことがあるが、個人的な感覚からすると、おそらくそんなことは関係なく、ただ単に犬がヒト化しているだけなのではないかと思う。外敵から身を守る必要もなく、より快適な方向へ向いているだけというか。

いぬのきもちweb

その証拠というわけではないが、福助より昔からベッドで寝ている大吉は、ほとんどヒトと化している。枕は必ず使うし、人間よりもレム睡眠とノンレム睡眠の周期が短い犬はちょくちょく起きるはずだが、いったん寝たら朝までほぼ同じ場所で同じような格好で寝ている。大袈裟ではなく、人間より寝返りを打たない。試しに爆睡している大吉を軽く持ち上げても、そのまま寝ている。そんな姿を見ていると「大丈夫かお前」と思ってしまう。

いぬのきもちweb

穴澤賢の最新刊『また、犬と暮らして。』発売中
Another Days
富士丸な日々
DeLoreans-shop

犬が好き

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい!
「犬が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る