1. トップ
  2. 犬が好き
  3. わが家の歴代ワンコの謎【穴澤賢の犬のはなし】

わが家の歴代ワンコの謎【穴澤賢の犬のはなし】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

わが家の歴代ワンコの謎

いぬのきもちweb

子どものころは別として、大人になって自分で面倒を見ると決めた犬は3頭いる。しかし、どうもそいつらにおかしな共通点がある。よく犬を飼っている人に驚かれたりもするが、なぜそうなのかは飼い主である自分でもよくわからない。

いぬのきもちweb

大人になって初めて、本当に犬と暮らす喜びを教えてくれた富士丸。その富士丸がいなくなって2年ちょっとでわが家にやってきた大吉。そして昨年新たに加わった福助。こいつらの共通点のまずひとつ目は、ほとんど吠えないということ。

いぬのきもちweb

吠えないといわれているハスキーの血が半分入った富士丸はまだわかるとして、おそらくスピッツの血が入っているであろう大吉も、何が入っているのかまったく不明の福助も、日常的に吠えることはまずない。例外的に玄関のチャイムが鳴ると吠えることがあるが、それも毎回ではなく、チャイムが鳴っても平然としていることもあるので基準がよくわからない。

いぬのきもちweb

もうひとつは、犬のわりには食に対する執着心がやたら希薄なこと。ゴハンを与えても喜んでがっつくこともなく、平気で残したり、あとで食べたりする。富士丸もそうだったし、大吉も福助もまったく同じなのだ。大吉は食事指導でいっとき食べるようになったがしばらくしたら戻った(体重は減っていないのでそういう性格なのだと諦めている)。大吉の食事については、この連載でもコレやココで取りあげている。今は2頭で食事をするため取り合いになったりするのかと思いきや、自分のゴハンを食べられてもお互い別にどうでもいいという感じで傍観している。

いぬのきもちweb

不可解なのは、一時預かりの方から「このコは食べることが何よりも大好きなので」と聞いていた福助が、わが家に来た途端、食べたり食べなかったりという気ままスタイルになったことだ。もしかしてうちのゴハンがマズイのか?と思ったが、よその犬が遊びに来たりすると喜んでバクバク食べるから、そういうわけでもないのだろう。

いぬのきもちweb

基本的に犬は何でも喜んでガツガツ食べるものだと思っていたので、富士丸と暮らして世の中には遊び食いする犬がいるのかと驚いたものだった。しかしまさか3頭連続でそんなワンコがうちに来るとは。というか、うちに来たらどんなワンコもそうなるのか。大吉にいたっては、アジのお刺身は食べないが鯛やヒラメだと喜んで食べるという贅沢な好き嫌いまでする。

いぬのきもちweb

ひとつ思い当たることがあるとしたら、私自身が食への執着心があまりないということだろうか。もちろんおいしいものを食べるのは好きだが、そのためだけに遠くまで出かけたり、行列に並んだりはしない。同じようなメニューが続いてもあまり苦にならないし、夜は基本鍋でいいと思っている。大人のくせに好き嫌いもけっこうある。だからとって、そんな飼い主の性格が犬に影響するとは思えないのだが。うーん、謎は深まるばかり。

いぬのきもちweb

穴澤賢の最新刊『また、犬と暮らして。』発売中
Another Days
富士丸な日々
DeLoreans-shop

犬が好き

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい!
「犬が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る