1. トップ
  2. 犬が好き
  3. 犬旅あるある【穴澤賢の犬のはなし】

犬旅あるある【穴澤賢の犬のはなし】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

犬旅あるある

いぬのきもちweb

犬は概ね旅行が大好きだ。旅先ではほとんど昼寝もせず、夜は死んだように眠る。わが家の大吉と福助もまさにそんな感じだ。

いぬのきもちweb

先日、2泊3日で静岡県の伊豆〜南伊豆方面へ旅行に行ってきた。人間7人、ワンコ5頭の旅だったが、実に楽しかった。それにしても、犬はなぜ旅行の気配をいち早く察するのだろうか。わが家の場合、バスタオルや着替えを大きな袋に詰め始めたりすると、途端に大吉と福助が色めき立つ。

いぬのきもちweb

言葉は話さないが大吉が「もしかして、どっか行く?」と目で語りかけてくる。そこで「旅行だよ」なんていうと、テンションが上がりすぎて面倒なのでまだその段階では無視して淡々と準備を進めるのだが、それでもずっとそばをまとわりついてきて「ね? 行くんでしょ? 行くよね?」と確かめようとしてくるのですごく邪魔だ。

いぬのきもちweb

荷物を車に積み込んでいるときも、玄関でうろちょろして「まさか、置いていくってことはないよね?」という顔をしてくる。ちなみに福助は大吉の横でなんだかわからないが嬉しそうにはしゃいでいる。そしていよいよ準備が整ったころ、「旅行だぞ」というと、大吉は「いえーい!」という顔になり、前足でドーンとアタックしてくる。

いぬのきもちweb

そして車に乗り込んで出発すると、後部座席で目をキラキラと輝かせている。どうして犬はそんなに旅行が好きなのだろう。もうひとつ謎なのは、犬はどうも「行き」と「帰り」を把握しているようなのだ。今回は伊豆高原で一泊してから、南伊豆でもう一泊したので、その途中は旅が終わるのか続くのか犬にわかるはずがない。しかし、南伊豆に移動するときも、大吉は嬉しそうなままなのだ(福助は大吉の反応をみてだいたい同じようにふるまう)。

いぬのきもちweb

※宿泊先で撮影した写真です

ところが、南伊豆で泊まった翌日、帰路につくため車を走らせると、途端に眠りはじめる。あとは帰るだけ、ということがどうもわかっているようにしか見えない。ちなみに富士丸はその点もっと敏感で、行きの車でも寝ているのだが、目的地に付く5分くらい前になると、突然むくっと起きたりしていたし、帰りも基本は爆睡しているのだが、家の近所に来ると「お、そろそろか」というように目をさました。あまりに的確なので、きっとこいつは「まもなく目的地に到着します」というナビの声を理解しているに違いないと思ったほどだった。

いぬのきもちweb

そして、それだけ旅が好きなわりには、家に帰ってきたときの「やっぱりわが家が一番」感がすごすぎて驚く。いつものソファに飛び乗って、早々にすやすやと気持ちよさそうに寝息をたてはじめる。じゃあずっと家でいいじゃんと思うのだが、そうではないらしい。どこのうちのワンコもきっとそんな感じではないだろうか。変なやつらだ。でも、ワンコが思いっきり喜ぶ姿と、疲れて死んだように眠る顔が見たくて、また旅行に行きたくなるんだよな。

いぬのきもちweb

穴澤賢の最新刊『また、犬と暮らして。』発売中
Another Days
富士丸な日々
DeLoreans-shop

犬が好き

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る