1. トップ
  2. 犬が好き
  3. ケンカする気!?犬がしっぽを振るのは、仲良くする合図だけではないって知ってる?

ケンカする気!?犬がしっぽを振るのは、仲良くする合図だけではないって知ってる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

犬のきもちは“しっぽ”でわかる!?

犬は自分のきもちをしぐさや行動であらわすことがあります。
なかでも、しっぽは、それがどんなふうに動いているかで、犬の気持ちを判断しやすい部位です。しっぽのボディ・ランゲージを読み解いてみましょう。

ゴキゲンだよ!

しっぽを上げてリズミカルに振り、顔つきが明るいなら、「うれしい」「楽しい」など、ゴキゲンなきもちのことが多いです。大好きな飼い主さんと遊びたいときや遊んでいるとき、散歩へ出かけるときなどに見られるしぐさですね。
下の動画は、音の鳴るおもちゃが大好きな犬に、おもちゃを見せたら、「早く遊ぼうよ!」と言わんばかりにしっぽを振って喜んでいます。

ケンカするつもりないよ

しっぽを高々と上げて、ゆっくりと振っているなら、近寄ってきたほかの犬などの様子を伺っているとき。
「私は自信があるけど、攻撃するつもりはないですよ」というきもちからくる、相手へのアピールでもあります。

この先、どうなるの?

しっぽを下げた位置でゆっくり動かしているなら、「うれしいような不安なような……、この先どうなるの?」と何かの様子を見守ったりうかがうきもち。
その後の状況によっては、ほかの犬などから逃げようとしたり、突撃したりする場合もあります。

ケンカする気ならやるぞ!

近寄って来た犬などに、しっぽを立てて小刻みに振るなら「ケンカするぞ」というきもち。しっぽを急にピタリと止めたら、「今だ!」と飛びかかろうとする合図や前ぶれだったり、同時に歯を見せてうなったり、吠えたりすることも。
こんなきもちが垣間見えたら、すぐに遠ざけるようにすると◯。

顔つきとしっぽの動きで、愛犬の気持ちをキャッチ

しっぽを上げてリズミカルに振っており、顔つきが明るいなら「うれしい」「楽しい」などゴキゲンな気持ちです。
しっぽが揺れていても何かに強い視線を向けて集中しているのは要注意。「警戒中」の気持ちかもしれません。
愛犬の表情としっぽの動きをよく観察して、どんな気持ちかキャッチしてみましょう。

犬が好き

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る