1. トップ
  2. 犬が好き
  3. お腹に帝王切開の大きな傷を持つ元繁殖犬。トラウマを抱えながらも、いまは幸せに…

お腹に帝王切開の大きな傷を持つ元繁殖犬。トラウマを抱えながらも、いまは幸せに…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
見つめるヨークシャー・テリア

ヨークシャー・テリアのアンジーちゃん。元繁殖犬で、6才くらいのときに保健所から助け出されたコだそうです。

いまの飼い主さんがはじめて見たときには、ガリガリに痩せていて毛も薄く、お腹には帝王切開の大きな傷があったのだとか。狭いケージの中に6年……つらい環境で過ごしていたはず。

保護してからのアンジーちゃんの様子を飼い主さんが動画で紹介しているので、お伝えしたいと思います。

雨の音がトラウマに……


参照/youtube(「元保護犬アンジーのトラウマのためだだいま夜中の2時30分ですがみんな寝られません(ToT)」)
https://www.youtube.com/watch?v=4HUitPFgjCc

飼い主さんの元へ来て3年が経ったころの動画がこちらです。

音に敏感だというアンジーちゃん。とくに雨が降った日は、ひどく怖がるのだそう。動きまわって落ち着かず、抱っこをしても興奮がおさまらないといいます。

動画は深夜の2時半のときのものですが、昼間でも雨の音は嫌がるみたい。よほどのトラウマがあるのかもしれません。

飼い主さんによると……

「悪いブリーダーのもとに6年間もの間、小さなケージに入れられっぱなしで育って最低限のフードだけ、散歩もしたことがない、最悪の環境が今のアンジーのトラウマになり、夜中の雨が発作が起きる引き金になっています」

以前に比べるとだいぶ良くなってきたといいますが、いまでも雨戸やドアを閉める音を怖がるみたいです。

キラキラの瞳で元気いっぱい!


参照/youtube(「悪徳ブリーダーの廃棄犬瞳がキラキラしてきました(*^^*)」)
https://www.youtube.com/watch?v=x0-J7qIzA-0

トラウマを抱えているアンジーちゃんだけれど、ふだんはこんなキラキラな表情を見せてくれます。

つぶらな瞳で、やわらかい雰囲気が印象的。「元繁殖犬」というのは想像できないくらいに、幸せそうな表情です。

同居犬とも仲良しで、飼い主さんの愛情もいっぱい感じているはず。アンジーちゃん、いまはもう孤独じゃないね!

ベロをしまい忘れちゃうほど、安心するアンジーちゃん


参照/youtube(「元保護犬アンジーの寝顔です(*^^*)」)
https://www.youtube.com/watch?v=cuWvuJLAqUo

アンジーちゃん、いまの飼い主さんのおうちでの暮らしに安心しているのですね。こんなふうに、ベロをしまい忘れて気持ちよさそうに眠っています♪

はじめは悲しそうな瞳をしていたというアンジーちゃん。この寝顔を見ると、飼い主さんに心を許して安心しきっているのだとわかりますね。


心優しい飼い主さんに引き取られて、アンジーちゃんはきっと幸せを感じているはず。

過去のトラウマは消えないけれど、今その心の傷も癒やされつつありますように。アンジーちゃんの輝く笑顔に、そう願うのでした。

文/Honoka

犬が好き

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい!
「犬が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る