1. トップ
  2. 犬が好き
  3. 獣医師・動物看護師が告白した「トンデモ飼い主さん」の言動 心当たり…ないですか?

獣医師・動物看護師が告白した「トンデモ飼い主さん」の言動 心当たり…ないですか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
見つめるスピッツ
まいにちのいぬのきもちアプリ投稿写真より

動物病院でよく見られる「困った飼い主さん」。愛犬を思ってのこともあれば、自分の都合しか考えてない人もいるようです。

今回は、獣医師・動物看護師が困ってしまった「トンデモ飼い主さん」エピソードを、こっそり告白してくれました。

①決定権のない飼い主さんが愛犬を連れてくる→【治療が遅れる!】

娘の愛犬を毎回お母さんが連れてきて、治療方針などを聞いても「娘に聞かないと……」と言い、決めるのに時間がかかったり、本来の内容と違って伝わり揉めるケースが。

また、中学生以下の子どもが連れてきたり、毎回違う人が連れてくるのも、治療の相談ができず困るとのことです。

②「説明はいいから早く診てよ!」と言う→【まずは理解が大事なのです】

説明を聞くのを鬱陶しがり、「うんちくはいいから」「早く薬だけくれ」「言うとおりにやればいいんだよ」と言う飼い主さんがいるそう。

これに対し、「治療については飼い主さんとよく話し合い、お互いに理解・納得したうえで行ないたいのです。それが愛犬のためになりますし、トラブルも避けられます」と獣医さんは語ります。

③「いま混んでますか?」と電話で聞く→【来院時はどうかわかりませんよ】

あくびするトイ・プードル
まいにちのいぬのきもちアプリ投稿写真より

病院へのこの問い合わせは非常に多いのだとか。「いまは空いていても、電話した直後に来られるわけではない場合、いらっしゃったときは混んでいるかもしれないし……」と困惑しながら答えることがあるそうです。

④19時で閉まるのに18時58分に来院する→【間に合ってはいますが……】

「時間内ではあるけどギリギリ……」と思う部分は正直あるよう。ギリギリだと充分な治療ができないこともあります。

受付時間を診療終了の30分~1時間前に設定している動物病院もあり、それは充分な治療を行う時間を確保するためです。

遅くなる場合は、まずは電話で連絡したいものですね。

⑤「薬だけ欲しい」と突然来院し、お待たせすると怒る→【すぐに出せないこともあります】

内科疾患で継続的に必要な薬がなくなると、突然取りに来る飼い主さんがいるそう。

「とくに小型犬は体重に合わせて薬を割る必要があり、すぐには出せないことも。診察しながら多量の薬を用意するのは大変で時間もかかるので、前もって電話してほしい」とのことです。

⑥二次診療の動物病院を紹介しても行ってくれない→【ちゃんと行ってほしい!】

見つめるミニチュア・ダックスフンド
まいにちのいぬのきもちアプリ投稿写真より

「行かない場合もせめて連絡がほしい」とのこと。二次診療の動物病院との関係性が悪くなり、次の患者さんを紹介しにくくなってしまうからです。

行った場合も、かかりつけ医としては「行きました」という報告があると助かるそう。

⑦「できます」「わかりました」と言うのに、頼んだことをやってくれない→【できないなら言ってほしい】

「錠剤飲ませられる?→大丈夫」「(多頭飼いで)このコの飲料水を量れる?→できる」など、「できる」と答えても実際にはやれない場合は、正直に「できない」と言ってほしいそう。

できなくても責めたりはしないし、別の方法を提案するとのことです。

⑧「いつから?」「何回くらい?」と症状を聞くとウソをつく→【わかります!】

「昨日からと言うけど、症状的に経過が長そう」と思うことがあるとか。ウソをついてもバレています。

怒ったりはしないので、正直に答えてほしいそうです。

⑨「今日行ったほうがいいですか?」と電話で聞いてくる(大丈夫という言葉を期待して)→【来るのが面倒なの?】

「行くつもりで聞く飼い主さんと、できれば行きたくなくて聞く飼い主さんがいる」とのこと。

よく聞かれるものの、電話なので回答できる範囲は限られますが、基本的には行くつもりで聞いてほしいそう。

⑩診察が終わってから、受付スタッフや動物看護師に長々と質問する→【いま言われても……】

見つめるポメラニアン
まいにちのいぬのきもちアプリ投稿写真より

スタッフに質問されても、獣医師に確認を取りに行かなければならず、会計が滞って困ることが。

「先生忙しそうだから」と遠慮せず、質問は診療中にするとベターです。

⑪愛犬を本名と全然違うあだ名で呼んだり、同居犬が皆そっくりなのに、名前は言わずに「このコから」と言う→【このコってどのコ……?】

深刻な問題ではないですが、たとえば年が近い同犬種の親子犬の場合、親犬を「ママ」と呼ぶなど、飼い主さんが愛犬をカルテと違う名前で呼ぶと困惑することも。

また、同居犬が皆そっくりなのに、「先生このコから」と言われても、「??」となるとか。スムーズな治療のためには、動物病院では名前はちゃんと呼びましょう。

⑫診察券を出さず、顔パスで受付しようとする→【ルールなので……】

通院歴の長い飼い主さんに多いよう。寛容な動物病院もありますが、間違わずカルテを正しく出すためにも提示は必要です。

⑬同居犬の元気な犬も連れてきて、その犬がやんちゃで手がかかり、病気の犬には何もできない→【協力してほしいのですが……】

たとえば愛犬が採血を怖がったら、飼い主さんになでてほしいと考える動物病院もあります。しかし、元気な同居犬に手がかかり、協力を得られないときは少し残念に思うとか。

誰かもうひとり連れてくるか、元気な犬は留守番も検討しましょう。

⑭「1週間前から具合が悪かったけど、今日休みだったから来ました」と言う→【えっ?】

見つめる犬
まいにちのいぬのきもちアプリ投稿写真より

事情はわかるものの、愛犬の体調を優先しない姿勢には疑問を感じるそう。

受診が遅れたために病気が悪化すると、愛犬に対する治療の負担が増すだけでなく、時間も治療費もよりかかるため、できるだけ早く受診してほしいそうです。

⑮診察を待っているほかの犬や、キャリーケースの中にいる猫と愛犬を積極的にあいさつさせる→【嫌がるコもいます】

室内飼いの猫は外に出るだけでも不安感が高まっているので、猫へのあいさつはとくにやめてほしいとのこと。

⑯待合室のゴミ箱に愛犬のウンチを捨てる→【ニオイが!】

待合室のゴミ箱は普通のゴミ専用です! ウンチはトイレに流すか持ち帰るなどして、適切に処理しましょう。

⑰動物病院の周辺でしたウンチを放置したまま→【片づけましょう!】

「お宅の患者さんでしょ!」と近隣の方から苦情を言われ、関係が悪くなるので、きちんと片づけてほしいそう。

⑱待合室で愛犬が吠え続けているのに、知らん顔の飼い主さん→【何かしら対処を!】

吠えるのはしかたないものの、ほかの患者さんが入るのに躊躇するなど迷惑がかかるので、外で待つなど何か対処してほしいそうです。

座る犬
まいにちのいぬのきもちアプリ投稿写真より

以上の飼い主さんの問題行動……どれもあるあるなものかもしれませんね。

動物病院に行く際は、こうしたことを気をつけてみてください。結果的に、愛犬のためになることが多いのです。

出典/「いぬのきもち」2018年2月号『犬の各専門家がこっそり告白! 飼い主さんのモンダイ行動 こんなことろに困っています……』
文/Honoka
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

犬が好き

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る