1. トップ
  2. 犬が好き
  3. 柴犬マロたん、大好きなじぃじのリハビリに一役買ってみた♪

柴犬マロたん、大好きなじぃじのリハビリに一役買ってみた♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「マロはDOGです。真面目にON BOARD中です。」
で、ですよね。それではママは粛々と運転させていただきます。
マロたんがウキウキで向かう先と言えば、もちろんお散歩ではなく。そう、あの場所です。

マロたん、カートに乗ってじぃじに会いに行く

「また来ちゃった!」
車椅子のじぃじがマロたんを撫でたり、マロたんを撮影(じぃじの趣味は家族を撮影すること)するのは難しいのです。なんとか打開策を考えていたところ、「カートに乗せたらいいかも!」とひらめきました。

これが大正解!高さがある分、体を上手に動かすことが出来なくなったじぃじですが、車椅子に座った状態でもマロたんをなでなでしやすくなりました。犬を撫でるとなんとかって言う幸せホルモンが出るそうです。えーと、オキシトシン!慌てて調べました(笑)出しまくろう、オキシトシン。

(マロたんの表情が冴えないのは、リハビリ時間の終了に伴い「じぃじにバイバイしようね!」と言われたところを撮ったからです。感情に正直過ぎるマロたん。)

リハビリ中のじぃじ、マロたんを撮る

「じぃじ、びじんにとってくださいね。」
作業療法士のSさんが病室から入り口前までじぃじを連れて来てくださいました。さぁさぁ、思う存分マロたんを撮ってね、じぃじ。

*Sさんには、写真の掲載OKをいただいております。

だけど、なかなかピントを合わせられないじぃじ。
どうにか良い一枚を撮れないものかと手伝ってくださるSさん(カメラが趣味・しかもフィルム!フィルム!本気!)、いい顔するのに飽きたマロたん。

「あ、ゆうびんやさんがきましたよ。」
ようやくシャッターを切ろうとした瞬間、明後日のほうを向くマロたん。

諦めてカメラを下ろし照れ笑いのじぃじ、「ダメだったかー」と笑うSさん、良い顔が出来なくてわたしを見て「やばい」とか「笑ってごまかそう」とかしているマロたん。この写真を撮りながらわたしも爆笑。

この時はシャッターチャンスを逃してしまったじぃじですが、車椅子でマロたんを撮影するのにもカートは大活躍でした。

じぃじが撮った毛深い孫娘

以前はマロたんの全身を撮ることが出来ませんでしたが、車椅子とカートの高さがちょうど良く、魅惑のもっちり、ぽってり、くびれなしのボディーも撮ることが出来ました。

ななめになっていたり、上手に撮れていない写真も多いのですが。

だけども、穏やかにじぃじがシャッターを切る瞬間を待っていたり。

待ちくたびれたマロたんが写っていたりします。

ああ、写真って素晴らしい。
そして、他の患者さんやそのご家族、病院の職員さん、どなたに声を掛けられても「こんにちはー!マロですー!」と対応するマロたんも素晴らしい。親ばか?(*´艸`*)
でも、このフレンドリーさが無ければ、いろんな人が出入りする病院と言う場所に連れていくことは難しいのではなかろうか。うん。

インスタ、やらせ疑惑

「じぃじの車椅子、マロが押します!」と言うコメントとともにInstagramにポストした1枚。もちろんマロたんが自主的にやったのではなく、わたしがやらせました。マロたんの視線の先にはS先生がいて、「マロンちゃん!こっち向いて!」と声をかけて撮影に協力してくださいました(笑)

さて、いよいよゴールデンウィークが始まりましたね。マロたんと一緒にどこに行こうか。とりあえず、明日もじぃじの病院に行く予定のマロたんです。そんな連休も素敵やん!
みなさまも楽しい連休をお過ごしください。

犬が好き

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい!
「犬が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る