1. トップ
  2. 犬が好き
  3. お薬嫌いの柴犬マロたんを救うべく、100円ショップで便利グッズを発見☆彡

お薬嫌いの柴犬マロたんを救うべく、100円ショップで便利グッズを発見☆彡

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マロたんは、食物アレルギー持ちなのですが、軽度ゆえ検査をしてもアレルゲンを特定することは難しい(主治医談)そうです。アレルギー用フードにしても、おやつを一切経っても、痒がって顔にハゲを作っていたのが1年前。そこに救世主として登場したのが「アポキル」と言うお薬。

「かゆくありません!」
このお薬を飲んでからと言うもの、ほとんど痒がることは無くなりました。痒がらないので「もう飲ませなくていいか☆」と投薬をやめると、ボリボリ掻き始めるのですが。

でだ。
毎日飲ませないといけないのです。だけども、飲ませるのに一苦労。ごはんに混ぜても器用に薬だけを残し、おやつで包んでも器用に薬だけを残し。うむむ。

こんな小さなお薬、気にせず一緒に飲んじゃえよ!と思うのですが、半分に割ってごはんに混ぜても残すので、結局は飼い主がマロたんのお口を開いて喉に入れて飲ませると言う方法になるのです。この方法でもマロたんは噛み付いたりしないので、問題ないと言えばないのですが、もっと簡単に飲ませられる方法があればいいのに、と思っていたところ、こんなものをダイソーで見つけました。

ペット用注射器型フィーダー!
いわゆる投薬器とかピルガンと呼ばれているものです。こんなものも100円で売っているんですね。先っぽのお薬を入れる部品も2つ入っています。

お薬を装着したところです。シリコンなのでフィット感もすばらしい。

押し込むところはこんな感じ。しっかり2本の指で押さえて狙ったところに薬を入れることが出来ます。

「なんですか?マロをどうするつもりですかっ…」
緊張しているマロたんを抱っこして着々を準備を進めます。ふひひ。

「な、なにがはじまるんですか?」
ただならぬ気配を察してお顔が緊張しているマロたん。大丈夫、痛くないよ、すぐに終わるよ、ふひひ。

「これはいったい…」

ママの指は噛みませんが、これは嫌なようで噛み付いて離してくれないマロたん。噛まれると喉にお薬を入れることができません。

「だんこきょひする!」
と言うわけで、あえなく断念。いつものようにママがお口の中にお薬を放り込んだところ、難なく飲み込んだマロたんなのでした。めでたしめでたし。なの?か?

マロたんには使えませんでしたが、お薬が嫌いすぎて飼い主さんがお口を開いて飲ませるのが難しいわんこやにゃんこには、使えるアイテムだと思います。噛んじゃうコもいるしね。試してみてくださいね。

100円だし。←ここ重要。

マロたんのアレルギー事情

「ああ、ひどいめにあいました」
毛並みやもふもふ感を褒めていただくことが多いマロたんですが、実は今も目の上がお口の周りに小さなハゲがあるのです。主治医も「一見綺麗な柴ちゃんなんだけどね」と、おっしゃるぐらいにもっふもふなのですが。

左目の上にハゲがあるんです…って全然わからない。よし、もうちょっと寄ってみよう。

おや?写真じゃ全然伝わらない。
じゃ、じゃあ、口元のおハゲはどうだ。

うーん、綺麗だ。
いやいや、喜ばしいことなのですよ。

1年前はこうでしたから。
今ではおハゲだけでなく、マズルのむくみも解消されました。

お薬に頼らないのがいちばん良いのですが、上手に付き合って行きたいと思います。

犬が好き

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る