1. トップ
  2. 犬が好き
  3. 柴犬マロたんを飼う理由を改めて考えてみたけれど、答えはシンプル◯

柴犬マロたんを飼う理由を改めて考えてみたけれど、答えはシンプル◯

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マロたんと入院中のじぃじのお見舞いに行った時のこと、同じくリハビリに励む障がいのある小学生の女の子が「さわってもいいですか?」と声を掛けてくれました。もちろん!と、マロたんをモフってもらったのですが、その女の子に「どうして犬を飼っているんですか?」と聞かれ、上手く答えられませんでした。

改めて考えてみると、どうしてマロたんを飼っているのかわからない。キラキラした真っ直ぐな瞳で聞かれたからか、それ以来ずっと考えています。

まっすぐなキラキラとした瞳と言えば、マロたんもなかなか。可愛くて可愛くてああもう可愛くて。マロたんに思うことは、いつだってまず最初に「可愛い」が思い浮かびます。可愛くて可愛くて、守りたいと思うのです。

はて?わたしは可愛いからマロたんを飼っているのでしょうか?守らなきゃ!という使命感でしょうか?

(わかりにくいですが、ペグを地面に刺してフレキシブルリードに引っ掛けています。)

守りたいと思うと同時に「幸せにしたい」とも思います。いつだって「楽しい」とか「嬉しい」とか、陽の感情でいて欲しいと思っています。マロたんの幸せのためなら、どんな苦労もいといません。

(日陰から動かないマロたん)

マロたんの幸せがわたしの幸せ、マロたんを通じてたくさんの幸せをもらっているのだと思います。だからって、幸せにして欲しいから飼っているのではないのです。結果的にマロたんからたくさんの幸福や癒やしをもらっているけれど、それが欲しいからと言うわけでもなく。

あー。なんだか上手いこと言えないな。

「ママの文章力がなさすぎてイラッとします!」
…ごもっとも(T_T)

ご主人さま(マロたん)のためならなんでもします。って言うのが当てはまるかもしれません。「犬と飼い主」の関係に当てはめると、そんなの絶対にダメだと思うのですが、これが「猫と飼い主」の関係だったら、それもアリなんじゃないかと。

一般的には、柴犬って飼い主に忠実だと言われますが、マロたんの場合は飼い主に「おいで!」と言われても、嫌ならてこでも動きません。

「お散歩嫌です!もうここから一歩も動けません!」

犬を飼うメリットのひとつに、一緒に外に出て活動することもあると思いますが、一事が万事この調子です。まったく活動できてないので、これは当てはまりません。でも、「嫌だもの!」と言っているマロたんも可愛いのです。

バイバイ!と声をかけると、慌てて「置いていかないでください!」と立ち上がるマロたん。可愛い。

長所だけでなく、短所さえ愛しいと思うから。幸せにしたいから。取り巻くすべての負のものから守りたいから。…理由を連ねてみたところ、とにかく一緒にいたいのです。毎日ただ一緒にいたい!に落ち着きました。うん、一緒にいたい。

(「やっぱり歩くの嫌です」なマロたん。)

また今度あの女の子に会えたら、わたしもまっすぐに「可愛くて可愛くて仕方がないから、一緒にいたいの(*゚∀゚)」と言おうと思います。

汚いものを見すぎたアラフォーの淀んだ目じゃダメかしら…(・・)切ない。

犬が好き

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい!
「犬が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る