1. トップ
  2. 犬が好き
  3. 連載
  4. 柴犬ももと猫たち
  5. 柴犬ももと、黒猫の天。一緒に成長していく大切な日々|連載「柴犬ももと猫たち」vol.9

犬が好き

UP DATE

柴犬ももと、黒猫の天。一緒に成長していく大切な日々|連載「柴犬ももと猫たち」vol.9

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

少しハンデを抱えていた天

天は、生まれつき小脳に障害がある猫でした。
歩く時によろよろしたり、ジャンプが苦手だったり。
最初の頃は、天のぎこちない歩き方などを見ても子猫はみんなそうなのかもしれないと思っていましたが、成長してもなかなか上手にならないので病院で相談するとハンデがあることが判明しました。

そのせいでバランス感覚や距離感がうまく掴めないらしく、天は目の前に置いた煮干しさえ上手に食べられませんでした。

ももと天

お医者様の話では成長とともに良くなる可能性があるとのことでしたが、5歳になった現在、天はその言葉通りたいていのことはできるようになっています。

ベッドの上に飛び乗ることは朝飯前だし(昔はこれがなかなかできなかった)、調子がいい時は本棚の上までピョンっと飛べます。
目の前の煮干しさえうまく食べられなかった昔とは違い、今はガツガツと誰よりも威勢よくご飯を食べます。

問題ないよ。ももがついてるからね

そんな天の成長ぶりは、ひとえに、ももの愛情いっぱいの子育てのおかげと言っても過言ではありません。

ハンデがあるとはいえ、当の本人はそんなことどこ吹く風と言わんばかりに、毎日元気いっぱいだった天。そんな天を時にハラハラと見守り、時に自分のおっぱいをあげ、寄り添って眠りについてくれたのは他ならぬももだったからです。

大好きだよ

そんな風に自分を守り受け入れてくれるももに、天がなつかないはずがありません。

ももに体中をべちょべちょになるほど舐めまわされても、遊びに夢中なももにドスンと体当たりされても、天がももに怒ることは一度もありませんでした。
それどころか、わざわざ走り回るももの側へ行き、何度もぶつかりそうになりながらその様子を見物したり、ももの真似をして寝床でくるくる回ってみたり、そのうち一緒にお散歩へも行くようになりました。

みんなでお散歩♪

虫を捕まえたりキャットタワーに飛び乗ったり、普通の猫が当たり前にできることが天にはできなかったりもしますが、ももと一緒にお昼寝をして、ももと一緒にお散歩をして、そんな日々を過ごすうちに、天は「犬寄りの猫」というユニークな称号を得るまでになったのです。

ももの方も、外を眺めることが好きな天に付き合ううちに、いつしか窓際に並ぶ二匹が、うちのお決まりの光景となっているのでした。

何を見てるのかな?

こうして、ももと天は様々なことを共有しあい、寄り添いあって成長していくのでした。

ももと天空 プロフィール

柴犬もも(2012年生まれ・メス)黒猫の天(2015年生まれ・オス)キジトラの空(??年生まれ・オス)と暮らす日常を、ほのぼの楽しく伝える動画が話題の、チャンネル登録者数40万人超えの人気YOUTUBER。かわいいイラストにもファンが多い

ももと天空 YOUTUBE

ももと天空 instagram

CATEGORY   犬が好き

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る