1. トップ
  2. 犬が好き
  3. 連載
  4. 犬ってホントは
  5. 愛犬のオスワリ、家でできても外でできない理由|連載・西川文二の「犬ってホントは」vol.42

犬が好き

UP DATE

愛犬のオスワリ、家でできても外でできない理由|連載・西川文二の「犬ってホントは」vol.42

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「いぬのきもちWEB MAGAZINE」が送る連載、家庭犬しつけインストラクター西川文二氏の「犬ってホントは」です。
今回は、「家ではオスワリができるのに、外だとできない犬が多いのはなぜか」について。これは西川先生のしつけ方教室で、飼い主さんから最も多く寄せられるお悩みだそう。その理由を探ります(編集部)


しつけ教室の多くは、パピークラス、初級クラス、中級クラスといったクラス分けを行っています。
それぞれのクラスは、数回を一区切りとしていて、各回の間隔は基本1週間ほど空けて進行させていきます。
ピアノのお稽古のようなもので、今日行ったレッスン内容を次回までおさらいをしてきてもらう。その繰り返しで階段を昇るようにして、各クラス設定されたゴールまで進めていく。
私のお教室のパピークラス、初級クラスでは毎回、次回までおさらいしてきてもらう内容を記したプリント「Home Work Sheet」と、おさらいの状況および質問やお悩みなどを記したもらうための用紙「Wan Wan Diary」をお渡しします。
さて後者の「Wan Wan Diary」ですが、多くの飼い主が共通のお悩みを記してきます。今回はそのひとつをご紹介しましょう。

教室で配っているプリント。左が「Home Work Sheet」、右が「Wan Wan Diary」

家ではできるのに、外ではできない

教室でやった内容、例えばオスワリ。家の中ではできるのに、外ではできない。
多くの飼い主さんは、不思議に思うようです。
服従させることをよしとしていた時代であれば、「家でできるのにやらないのは飼い主に逆らっている」と、力づくでもさせようとしていたでしょう。
もちろん、それはNGです。
例えば、2メートルの高さに30㎝幅の板が渡されているとします。普通の人なら少し足がすくむ高さではないでしょうか。その板を渡ることを、強要されたらあなたはどう感じますか?
より足がすくみ、しゃがみ込むかもしれません。仕方がなく渡るかもしれませんが、強要した相手を好きにはなれないはずです。
外でできないことを、外で犬に無理にやらせようとするのは、それと同じです。
無理にやらせようとすればするほど、犬はできなくなる。そればかりか、犬との関係が悪くなってしまうのです。

外でできない理由は

さて、30㎝幅の板。2mの高さにあれば足がすくむかもしれませんが、地面に置かれていたらどうでしょう。
そこならスタスタ歩けるはずです。
30センチ幅の板の上を歩くという行動は同じでも、高さによって歩ける、歩けない、の違いが生じる。
これは、交感神経、副交感神経の影響によるものです。
リラックしているときに働くのは、副交感神経。一方、緊張しているとき、興奮しているとき、ストレスがかかっているときに働くのが、交感神経。
交感神経が働くと全身にさまざまな影響がでてきます。体性感覚が鈍くなる、体がスムーズに動かなくなる。
家でできることが外でできないのは、外ではこの交感神経の影響を強く受けているからなのです。

解決策は慣らすこと

外のさまざまな状況に慣れていなければ、外では緊張、興奮、ストレス状態に陥り、交感神経が働く。結果、家の中で上手にできることもできない。
ではどうしたらいいか。
まずは外で、何もさせようとせず、フードをあげてみることです。
そもそも、フードを口にできないのは、緊張、興奮、ストレス状態に陥っているということ。
フードを口にできないのであれば、口にできる場所を探し、増やすことです。
フードを口にできる場所が見つかる、フードを口にできればフードで犬の鼻先の向きを変えていける、それも簡単にできるようになってくれば犬を動かすことができる、それができればアイコンタクトの練習ができる、それができればオスワリもできる。
要は少しずつ慣らしていくということ。慣れてくると、できることも増えてくる。できることが増えてくると、さらに外が平気になっていく。
まぁ、そういった次第なのです。
以上、同様のことを記してお返ししているわけです、それぞれの「Wan Wan Diary」にも。

ドッグウォーク。最初は地面に置いた位置から、少しずつ慣らすことで高い位置でも平気になっていく

文/西川文二
写真/Can ! Do ! Pet Dog School提供
https://cando4115.com/index.html

西川文二氏 プロフィール

公益社団法人日本動物病院協会(JAHA)認定家庭犬しつけインストラクター。東京・世田谷区のしつけスクール「Can ! Do ! Pet Dog School」代表。科学的理論に基づく愛犬のしつけ方を提案。犬の生態行動や心理的なアプローチについても造詣が深い。著書に『イヌのホンネ』(小学館新書)、『いぬのプーにおそわったこと~パートナードッグと運命の糸で結ばれた10年間 』(サイゾー)、最新の監修書に『はじめよう!柴犬ぐらし』(西東社)など。愛犬はダップくん(15才)、鉄三郎くん(11才)ともにオス/ミックス。

CATEGORY   犬が好き

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る