1. トップ
  2. 犬が好き
  3. しぐさ・生態
  4. 愛犬の「ツンデレ」なしぐさ5選 本当は‟大好き”のサインだった♡

犬が好き

UP DATE

愛犬の「ツンデレ」なしぐさ5選 本当は‟大好き”のサインだった♡

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛犬が、飼い主さんに‟大好きだとアピール”するしぐさは、しっぽを振ったり、表情がゆるんだりと、分かりやすいものが一般的。その一方で、そっけなく見えてしまうしぐさのなかにも、実は‟ラブサイン”が隠れているんです。今回は、愛犬の「ツンデレ」なしぐさをご紹介します!

①飼い主さんにお尻をくっつけて、そっぽを向く

柴 あずき 足に
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

飼い主さんに、お尻をくっつけて知らん顔……ツンデレに見えるしぐさですが、実は信頼しているからこそできる行動です。犬は、信頼している相手以外には、無防備に背中を見せたがらないため、飼い主さんを「安心して背中を向けられる存在」だと認識しているのでしょう。

また、飼い主さんに「お尻をくっつける」のは、体の一部にふれることで、ぬくもりを感じリラックスできるから。愛犬が、スキンシップが好きなタイプなら、そっと背中をなでであげると◎

②座っている飼い主さんの足元でフセる

MIX  重田楽 冷たい
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

飼い主さんに「なでて!」とねだるわけでもなく、足元にフセるのは、大好きな飼い主さんの存在をそばで感じたいから。そっけなく見えるかもしれませんが、飼い主さんへの信頼があるからこそ、かまってアピールをしなくても、安心してそばにいられると感じているようです。

足元でのフセは、外出先などでも役立つ行動なので、ときどきやさしく声をかけ、ほめてあげるとよいでしょう。

③声をかけたとき、耳だけ向ける/しっぽを一振りする

ぷぷ 耳だけ
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

愛犬に声をかけたとき、大きなリアクションを取らず、「声がした方に耳だけ」向けたり、その場で「しっぽをひと振り」したり……なんてことはありませんか? ツンデレに見えますが、実はこれも、飼い主さんを信頼しているからこそ見せるサイン。控えめな反応でも、「聞こえているよ」というサインを見せるのは、気の置けない間柄だからこそできる‟あうんの呼吸”といえるでしょう。

④遊びの最中にうなる

柴 あずき 引っ張る
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

愛犬と遊んでいるときに、愛犬が「ウーッ」と、うなることがありませんか? 犬は怒るときにもうなるため、ネガティブな印象を受けがちですが、遊びの最中にうなるときには「楽しんでいるよ」というサイン。あまりの楽しさに、だんだん興奮してきて、うなり声が思わずもれてしまっているのです。

興奮しすぎると、犬自身でコントロールできなくなることもあるので、うなり始めたら、いったんクールダウンさせると◎

⑤飼い主さんが帰ってきても、自分の居場所から動かない

ヨークシャー・テリア サン 寝床
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

飼い主さんが帰宅したときに、しっぽをふってお出迎えするのではなく、「自分の居場所から動かない」といった犬もいます。ツンデレに見えますが、これは「飼い主さんが、帰宅後すぐは忙しい」ということをわかっており、しばらくたってから楽しい時間を過ごせると理解して、待っているから。ハイテンションになるのは今ではないと判断し、落ち着いて出迎えているのです。

つい、わかりやすい愛情表現を求めてしまいがちですが、安心しきった自然体の姿である「ツンデレ」サインを見せられるのは、飼い主さんとの‟信頼関係”が成り立っているからこそ。
「ウチの子はそっけないから……」なんて思わずに、「ツンデレ」に見える愛犬のラブサインに気付いて、応えてあげるとよいでしょう。

参考/「いぬのきもち」2017年4月号『もっと仲よくなれる“お返事のしかた”つき 愛犬の大好きサイン&ツンデレサイン』(監修:東京農業大学農学部バイオセラピー学科教授 獣医師 獣医学博士 増田宏司先生)
文/いけてぃん
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   犬が好き

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る