1. トップ
  2. 犬が好き
  3. 連載
  4. おばあちゃん犬がやってきた
  5. パパとシロさんのお話 言葉はなくても伝わる気持ち【連載】おばあちゃん犬がやってきた第95回

犬が好き

UP DATE

パパとシロさんのお話 言葉はなくても伝わる気持ち【連載】おばあちゃん犬がやってきた第95回

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。2匹の猫と、1匹の犬と暮らし、二児の母でもあるtamtamです。
我が家は15歳のおばあちゃん犬を引き取り、家族として迎えました。
3年という月日が経とうとしていたある夜、シロさんはゆっくりとこの世を去りました。

パパとシロさんの今日までの関係

犬猫が苦手なパパとシロさんの関係。
思い返せばシロさんを引き取りたいと決意してから迎えるまでの3年間。
雑種を室内で飼うなんて、老犬から飼うなんて、と反対が強かったパパ。
それを押し切って連れてきたのがシロさんでした。
それからさらに3年が経ち、いきなり犬好きに変貌するわけでもなく。
シロさんとパパの距離感は常に近すぎず、遠すぎずだったような気がします。

朝方起きてきたパパ。シロさんが旅立ったことを知って。

シロさんが亡くなって数時間後、寝室で寝ていたパパが降りてきました。
色んな想いを上手く言葉で説明することが出来ずに
咄嗟に寝たふりをした、おかーさん(何故)

鉄の涙腺の持ち主であるパパ。あれ、泣いてる...?

目を閉じていたら、あれ、泣いてる??
実は私はパパの涙を一度も見たことがありません。
寝たふりしなきゃよかったなー、なんて。
おかーさんが寝てると思ってたから泣けたのかもね。

いつまでも撫で続けるパパ。言葉はなくても伝わる気持ち。

私とパパはそれからもお互い多くは語りませんでした。
ただただ、パパはその時、まだ温かいシロさんの身体を
時間の許す限りゆっくりと優しく撫でていました。
私はうっすら薄目を開けて、そんな二人の姿を忘れないように目に焼き付けたのです

若かりしきシロさんシリーズ

ここだけの話。
パパはいつもシロさんをなでなでしてくれていたんだよ。
おかーさんの手はいつもヒエショウってやつで冷たいんだけど、
パパの大きくていつも温かいから、
パパの手のひらがシロさんは大好きなんだよ。

tamtam プロフィール

犬や猫の保護や介護についての楽しさや幸せをインスタグラムで発信し話題に。それぞれのかわいさをほっこり描いたイラストにファンも多い

tamtam インスタグラム

CATEGORY   犬が好き

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る