1. トップ
  2. 犬が好き
  3. 雑学・豆知識
  4. 迷惑や過保護に思われない…?災害時には?シニア犬だけでない子犬期からの「犬用カート」の必要性

犬が好き

UP DATE

迷惑や過保護に思われない…?災害時には?シニア犬だけでない子犬期からの「犬用カート」の必要性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

犬用カートを利用するのは、「周囲から迷惑や過保護に思われそうで迷う…」という飼主さんもいるかもしれませんが、自分の足で歩ける元気な犬にもカートは重要なアイテムです。

今回は、犬用カートが必要な理由や使い始める時期、災害時の利用やカートに乗れる犬の大きさなどについて紹介します。

犬用カートのメリット

仲良くカートに乗るトイ・プードルたち
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

元気な犬がカートに乗って出かけていると、違和感を覚える人もいるかもしれませんが、人と犬が一緒に行動するためには、カートが必要な場面もあります。
いくら自分の足で歩けるくらい元気といっても、犬は初めて行く場所に不安を感じますし、混雑する場所では蹴られて怪我をする危険性も。そんなときに愛犬の身を守ってくれるのが、犬用カートです。

子犬のうちからカートに慣れさせるべき?

カメラを見つめる柴(オス)
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

カートには、子犬のうちから慣れさせておくと安心です。子犬期は初めてのことばかりなので、ちょっとした外出でも、余計なストレスや不安を感じることが。カートに乗せて出かけることで愛犬が安心でき、ほかの犬や人、音などに慣れやすくなるため、社会化に役立つ場合があります。

【カートを利用したい場面】

  • 散歩デビュー前にカートに乗せて屋外に慣れさせる

  • 初めて行く場所へカートに乗せて連れて行く

  • 犬OKのカフェやレストランで、愛犬の椅子代わりに利用する

  • イベントや観光地などの混雑する場所で、カートに乗せて移動する

シニア犬になってから利用するのでは遅いの?

お散歩するウェルシュ・コーギー・ペンブローク(メス)
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

愛犬の足腰が弱ってから利用するケースもありますが、カートに慣れていない犬の場合は、振動や揺れにストレスを感じてしまうことも。
シニア犬になるまでカートを利用していない犬が乗れないわけではありませんが、「いざ」というときのことを考えると、子犬のうちから継続的に利用するほうが安心でしょう。

災害時にも利用できる?

カートに乗ってお散歩するチワワ(オス)
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

カートは、道路の被災状況がよめない災害直後の移動手段としては不向きですが、全く役に立たないとも言い切れません。
災害の規模や状況にもよりますが、避難所以外で避難生活を送ることになったときに、カートがケージの代わりとして役立つ可能性も。
特に他人に慣れていない犬の場合は、カートのような慣れた場所があるほうが、避難場所の移動やお世話がしやすくなることもあるでしょう。
いっとき自宅へ戻れる状況になったら、置き場所を確認したうえで取りに行ってもいいのかもしれません。

どのくらいの大きさの犬まで、カートに乗れるの?

河原で微笑むゴールデン・レトリーバー(メス)
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

レオンベルガーなどの超大型犬は別ですが、ラブラドール・レトリーバーなどの大型犬が入れるカートならあります。
年をとって足腰が弱った大型犬の移動には、カートがあると楽に感じる場面がでてくるでしょう。ただ、犬が大きいほどカートも大きくなり、場所の確保や移動が難しくなるので、災害時のような緊急の場面では利用しづらくなるのも事実です。

愛犬の生涯を見守るうえで、子犬のころからカートに慣れさせておくことは大切です。クレートも併用しつつ、そのときの状況に応じてベストなほうを選べるようになると、より安心でしょう。

(監修:いぬのきもち・ねこのきもち獣医師相談室 担当獣医師)
参考/「いぬのきもち」2018年9月号『子犬に必要なしつけとお手入れを紹介!さいしょの一歩』(監修:しつけ教室「Can!Do!Pet Dog School」専任インストラクター 川原志津香先生)
取材・文/こさきはな
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   犬が好き

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る