1. トップ
  2. 犬が好き
  3. 連載
  4. 犬ってホントは
  5. 犬を叱らないほうがイイコになる!?|連載・西川文二の「犬ってホントは」vol.75

犬が好き

UP DATE

犬を叱らないほうがイイコになる!?|連載・西川文二の「犬ってホントは」vol.75

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「いぬのきもちWEB MAGAZINE」が送る連載、家庭犬しつけインストラクター西川文二氏の「犬ってホントは」です。
このコラムでも、「犬の困った行動を直すのに、叱るのはNG」と以前よりお伝えしていますが、それが脳の実験からも証明されている、というお話。飼い主さんが叱らない対応に変えれば、犬の行動が必ずよくなるということがわかりますよ(編集部)。


「脳の世紀シンポジウム」
私が毎年楽しみにしている、シンポジウムです。
犬のトレーニングにどう関係するのか? 直接関係はなさそうに思うかも……ですが、データの元となる実験にはネズミなどを使っていたりするので、動物全般に共通する話が結構登場する。

現時点で犬の脳の研究はほとんどされていないわけですが、動物全般の話は犬にも当てはまるわけで、毎年犬のトレーニングにも関係する何かが、このシンポジウムで得られる。
学習の心理学や行動分析学の理論や法則なども、そこで改めて確認できたりもします。

学習の心理学や行動分析学の正しさを追確認できる脳科学

「脳の世紀シンポジウム」の昨年のテーマは、「依存症と脳」でした。

ある講演では、学習の心理学や行動分析学で使われる言葉が、頻繁に登場してきました。
薬物依存は気持ちがよくなるのでその気持ちよさを味わいたくてやめられなくなる、そう考えるのが一般的だった。これは学習の心理学や行動分析学では、「正の強化」にあたる。
でも脳の中で起きていることは違うと。

薬物依存に陥るのは、不安がなくなったり、それを解して孤独感がなくなったりする(薬物を介しての人間関係ができる)。これは「負の強化」によるもの。
社会はそれに対して、これまでは罰則、すなわち「正の罰」を用いて、減らそうとしてきた。
しかし、それでは解決に向かわない。
なぜなら、問題の原因は不安や孤独感にあるからで、その不安や孤独感を取り除かない限り、解決には至らないから。

「負の強化」に基づく行動には、「正の罰」は用いない

「結果的にいいことが起きる行動の頻度は高まる(習慣化されていく)」、これが正の強化です。
そして負の強化とは「結果的に嫌なことがなくなる行動の頻度は高まる(習慣化されていく)」、正の罰とは「結果的に嫌なことが起きる行動の頻度は減っていく(その行動をやめていく)」です。

「負の強化」に基づき習慣化された行動に対して、「正の罰」を用いても解決には至らない。

これ、常に私が口にしている通りの話。
例えば、爪切りをしようとすると噛みついて抵抗する犬は、噛みつく結果嫌なことをなくしている(負の強化)。
この場合、叱ること、すなわち罰を与えること(正の罰)は、事態をいい方向に向かわせるどころか、悪化させることになる。
改善のためには、爪切りに慣らすこと。
なぜなら、爪切りが嫌でなくなれば、それをなくすための行動を行う必要がなくなるから。
まさにその考え方の正しさを、その講演は再確認させてくれたわけです。

爪切りも無理やりやったら噛みつかれるようにも。フードや、チーズなどを中に塗り込んだコング(ゴム製おもちゃ)などを上手に活用して慣らす
Can! Do! Pet Dog School

環境が変わると行動は変わる

ネズミがこうだから人間もこうだとはもちろん言えないが……という前提での話ではありましたが、次のような実験例も紹介されました。
狭いところに閉じ込められた孤独なネズミと環境が豊かな仲間もいるネズミとでは、薬物への依存性が違う。狭いところに閉じ込められ薬物への依存性が高くなったネズミも、豊かな環境へと入れてあげると依存度は減じてくる。
環境が変われば、行動は変わる。

犬もまさにその通り。
犬に一番影響を与える環境は飼い主です。
いくら叱っても直らないと口にする飼い主は、まずは叱らないでどうすべきかを学び、対応を変えることです。
飼い主の対応が変わることは、犬にとって一番影響力のある環境が変わることを意味します。
悪い環境からいい環境へと、環境が変われば犬の行動は変わる。
まぁ、かように「脳の世紀シンポジウム」で得られることは多い。そういうことなのです。
さて、今年のテーマは何なのでしょうか? 今から楽しみです。

人間と犬との違いは、犬の環境は飼い主がすべて決められるということ。ゆえに、飼い主の対応が変われば、犬の行動は必ず変わる
Can! Do! Pet Dog School

文/西川文二
写真/Can! Do! Pet Dog School提供
https://cando4115.com/index.html

西川文二氏 プロフィール

公益社団法人日本動物病院協会(JAHA)認定家庭犬しつけインストラクター。東京・世田谷区のしつけスクール「Can! Do! Pet Dog School」代表。科学的理論に基づく愛犬のしつけ方を提案。犬の生態行動や心理的なアプローチについても造詣が深い。著書に『子犬の育て方・しつけ』(新星出版社)、『いぬのプーにおそわったこと~パートナードッグと運命の糸で結ばれた10年間 』(サイゾー)、最新の監修書に『はじめよう!トイプーぐらし』(西東社)など。パートナー・ドッグはダップくん(16才)、鉄三郎くん(11才)ともにオス/ミックス。

CATEGORY   犬が好き

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る