1. トップ
  2. 獣医師が答えるQ&A
  3. 去勢/避妊
  4. 去勢手術は受けなけらばならないでしょうか。

去勢手術は受けなけらばならないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

去勢手術は受けなけらばならないでしょうか。

去勢手術は、絶対受けなければならない手術ではありません。手術のメリットとデメリットを考えて、飼い主さんが判断してくださいね。

メリットとしては、攻撃性が緩和される可能性がある、マーキングや発情期のメス犬に対する過剰な反応が緩和される、前立腺や肛門周囲腺腫などの病気の発生率が下がるなどがあげられます。

前立腺の病気や肛門周囲腺腫は、高齢になってから発症する病気として知られていますね。高齢になってから麻酔をかけることは危険だと分かっていますが、これらの病気の治療として去勢手術を行うことがあります。

デメリットとしては、太りやすくなること、麻酔リスクがあることがあげられます。

去勢手術後は、発情にかかわる活動が少なくなり、同時に好奇心がうすれて運動量が減り、太りやすくなります。飼い主さんが、食事や運動量を管理してあげる必要が出てくるかもしれません。麻酔に関しては、手術前に動物病院で健康診断や血液検査を受けて、リスクの軽減につとめます。

その他にも疑問や不安なことがあれば、納得がいくまで獣医師と相談してくださいね。

トイ・プードル|♂|0歳8カ月

監修/いぬのきもち相談室 担当獣医師

Q&A飼い方

更新

関連するキーワード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「獣医師が答えるQ&A」の新着記事

新着記事をもっと見る