1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. しぐさ・生態
  4. 行動
  5. 飼い主の配慮の必要性も。「周囲に迷惑をかける可能性のある」犬の行動

犬と暮らす

UP DATE

飼い主の配慮の必要性も。「周囲に迷惑をかける可能性のある」犬の行動

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛犬を散歩につれて行くときなど、飼い主さんが注意しないと他人に対して迷惑をかけてしまう場合があります。

この記事では、「周囲に迷惑をかける可能性のある犬の行動」について、いぬのきもち獣医師相談室の獣医師が解説します。

周囲に迷惑をかける可能性のある犬の行動は?

散歩する犬
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

——散歩などのときに「周囲に(他人に)迷惑をかける」可能性のある犬の困った行動には、どのようなものがありますか?

いぬのきもち獣医師相談室の獣医師(以下、獣医師):
「犬のある行動を見て『困った行動だ』と思うことがあるかもしれませんが、犬は犬としての行動を自然にしているだけなので、『迷惑をかけていると思う』『迷惑をかけられたと思う』のは、人の判断です。

犬との共生では、犬だけが悪いと思って犬の行動だけを修正するのではなく、まずは飼い主さんが学習する必要があるでしょう。

たとえば、犬が他人に近づいて飛びかかるといった行動は、周囲の人に迷惑をかけてしまう可能性があります。これは犬の困った行動のように見えるかもしれませんが、飼い主さんが犬を近づけたことによって起こるものです」

——飼い主さんが他人に近づけたことで、犬が「飛びかかってもいい」と思った可能性があるのでしょうか?

獣医師:
「その可能性もあるでしょう。相手が犬が苦手な人かもしれませんし、犬が嫌いでなくてもアレルギーを持っていることもあるので、配慮する必要があるでしょう」

愛犬の散歩の際など、飼い主さんが周囲に対して配慮したいことは?

散歩するウェルシュ・コーギー・ペンブローク
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

——愛犬を散歩させるときに、周囲に迷惑がかからないようにどのような意識を持つことが大切ですか?

獣医師:
誰もが自分と同じ感覚や気持ちであるとは限りません。いろいろな人がいることを飼い主さんが学習しましょう。

愛犬とは一緒にチームを組むイメージでいるとよいと思います。どうやって他の人と関わっていくかを、飼い主さんも愛犬と一緒に学びましょう。

また、犬の散歩の際は、何かあったときのために飼い主さんがすぐに愛犬をコントロールできる状態にしておくことも大切です。

リードを長くしすぎない、ノーリードで散歩させないなど、飼い主さんが十分に配慮しましょう」

散歩するミニチュア・ダックスフンド
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

愛犬の行動が結果的に他人の迷惑になってしまうことがないよう、まずは飼い主さんが周囲に配慮した行動ができるように意識できるとよいですね。

(監修:いぬのきもち・ねこのきもち獣医師相談室 担当獣医師)
※写真はアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」にご投稿いただいたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。
取材・文/sorami

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る