1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 愛犬に絶対与えてはいけない野菜を知っていますか?

愛犬に絶対与えてはいけない野菜を知っていますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本当にコワい“玉ねぎ中毒”

ピコリン Mix(雑種)小型犬
まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

人間にとっては健康に良い食材だとしても、ワンちゃんには絶対に与えてはいけない野菜があります。代表的なのが、玉ねぎ、長ネギなどのネギ類。これらに含まれている成分は、犬の赤血球を破壊してしまうため、貧血や嘔吐、下痢など、溶血性貧血と呼ばれる症状を引き起こします。ひどい場合は死に至ることもあるため、絶対に与えてはいけません。

この成分は加熱しても消えず、餃子やハンバーグ、肉じゃが、牛丼の汁、玉ねぎの入った味噌汁など、玉ねぎのエキスが含まれる食品も非常に危険です。肉と一緒に調理したものはワンちゃんの食いつきもいいため、特に注意してください。このほか、ニラ、ニンニクもネギ類と同じユリ科の食べ物で、同様の症状が起こります。

溶血性貧血は、下痢や嘔吐のほか、目の結膜が白くなったり、おしっこが赤くなったりする症状もあります。食べてから1日~3日ほど経過してから症状が現れることも多いので、万一食べてしまったときは、無理に吐かせようとしたりせず、すぐに獣医さんに相談しましょう。

どの位の量を食べると危険?

玉ねぎ食べちゃって点滴毎日頑張ったトイ・プードルのロック君
まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

中毒になる量には個体差がありますが、目安として体重1kgあたり15g~20g、5kgくらいの犬なら玉ねぎ1/2個くらいが中毒量となります。たくさん食べてもケロッとしている子もいれば、玉ねぎ入りの味噌汁を少量なめただけで症状が出たというケースもあり、「自分の愛犬は大丈夫だろう」と楽観視するのは禁物です。時間差で症状が現れることも多いので、もし食べたところを発見したら、すぐに動物病院を受診しましょう。

誤飲のタイミングによっては、早朝や夜間の診療時間外、もしくは休診日に当たってしまうこともあるでしょう。たらい回しになってしまうことも心配されますので、かかりつけの病院では時間外に見てもらえるか、事前に確認しておきましょう。あらかじめ病院リストを作っておくと安心ですね。

その他の与えてはいけない野菜類

おもち 柴
まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

ほかにも与えてはいけない野菜に、ゴボウがあります。ゴボウはアクが強く食物繊維が多いため、犬には不向きな食べ物です。また、野菜ではありませんが、アボカドには果肉や皮にペルシンという毒素があり、犬が食べると下痢や嘔吐などの症状を起こす場合があります。

また、ブドウも腎不全や下痢といった中毒症状が報告されているため、特に腎臓に持病のあるワンちゃんには絶対に与えないようにしましょう。

ワンちゃんが中毒で苦しむことがないよう、「食べてはいけないものリスト」を作って冷蔵庫に貼っておくなど、いつも気を付けていてあげたいですね。

出典/「いぬのきもち」『愛犬の栄養学事典』
   いぬのきもち WEB MAGAZINE「獣医師が答えるQ&A」(https://pet.benesse.ne.jp/dog/sogojoho/qa/)
文/chiroko
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

犬と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る