1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. シニアになっても子犬気分?愛犬のかわいいしぐさ&行動の理由とは

シニアになっても子犬気分?愛犬のかわいいしぐさ&行動の理由とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛犬が見せるしぐさや行動には、飼い主さんに伝えたい「気持ち」が込められています。その気持ちを読み取ることができれば、愛犬との絆はもっと深まることでしょう。今回は、成犬やシニア犬が「子犬気分」なときに見せる、4つのしぐさ・行動についてご紹介します。

1. ピッタリとくっついて眠る

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

犬は野生で生活していた時代、ほら穴の中などで暮らしていました。子犬はその中で母犬にピッタリとくっつくことで、安心して眠りについていたのです。現代に生きる犬が飼い主さんにピッタリとくっついて眠るのは、この名残からだといわれています。飼い主さんの温もりを感じながら、安心して眠っているんですね。

2. 毛布やぬいぐるみなど柔らかいものを吸う

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

柔らかくふわふわしたものは、母犬のおっぱいを思い出させるといいます。愛犬が毛布やぬいぐるみを吸うしぐさをしている最中は、母犬のおっぱいを吸っていた頃に回帰しているのかもしれません。これこそ、まさに子犬気分!といった感じですよね。ちなみに、毛布やぬいぐるみを吸いながら寝てしまう犬も多いようですよ。

3. 飼い主さんの後ろにササっと隠れる

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

愛犬が飼い主さんの後ろに隠れるのは、「守ってほしい!」と子犬が母犬に頼るような気持ちのときにするしぐさと同じ。散歩中などに飼い主さんの後ろへ素早く回り込むようなら、愛犬が苦手な人や犬などに出くわしたのでしょう。母犬に頼るように、飼い主さんの後ろに隠れているのです。怖がる必要がないときは優しく「大丈夫だよ」と声をかけて、安心させてあげてください。

4. 階段の上から「クーン」

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

野生で暮らす犬は、母犬に助けを求めるために、子犬の頃だけ「クーン」と鳴くといわれています。階段の上からこの鳴き声が聞こえる場合は、子犬気分になって「降りられないよ~!助けて~!」と鳴いているのでしょう。

シニアになっても子犬気分なんです!

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

犬は野生で生きていた時代、自分で狩りができない子犬のときにだけ、母犬に甘えたりおねだりをしたりして食べ物をもらっていました。しかし現代で生きる家庭犬たちは、いくつになっても飼い主さんにゴハンをもらって生活しています。シニア犬になっても子犬のようなしぐさをするのは、「いくつになっても飼い主さんに愛され、守られたい!」という本能からうまれた行動なのでしょう。

犬は人と話すことはできませんが、しぐさや行動で「気持ち」を伝える術を、生まれながらにして持っています。今回は、犬が「子犬気分」のときにするしぐさや行動を紹介しました。愛犬の子犬のようなしぐさは、飼い主さんを「愛犬を守らなくては!」という気持ちにさせることでしょう。そんな健気な愛犬を、いつまでも守ってあげたいものですね。

参考/「いぬのきもち」2015年12月号『子犬?仲間?それとも野生……?しぐさ、行動からひもとく!今、愛犬は何気分?』(監修:日本動物科学研究所所長 哺乳類学者 今泉忠明先生)
文/HONTAKA
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

犬と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る