1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 犬のウンチ、白っぽいと危険かも…!? 愛犬のウンチの色、毎日チェックしてる?

犬のウンチ、白っぽいと危険かも…!? 愛犬のウンチの色、毎日チェックしてる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日出るウンチは、愛犬の体調のバロメーター

犬が食べたものは、食道、胃、小腸、大腸などを通りながら、体に必要な栄養分と水分が吸収されていき、その残りが肛門からウンチとして排出されます。排出されるまでの過程で異常があると、ウンチの固さや色などに異常があらわれるため、ウンチは健康のバロメーターになるのです!

ウンチの色をチェックしてみよう!

ウンチの色は大事なチェックポイント。ウンチの色をチェックするときは、白い紙の上にウンチをのせて確認しましょう。画用紙などにウンチをのせて、ふだんから同じ光源(太陽光、蛍光灯など)の下でチェックすると、色の異常に気づきやすくなるためおすすめの方法です。

黄土色、茶褐色、黒っぽいウンチは許容範囲!

ウンチの色をみて、黄土色や茶褐色、黒っぽいウンチなら許容範囲です。野菜や穀物など食物繊維の多いフードを食べている犬は黄土色気味のウンチになる傾向があります。また、肉類を多く含むフードを食べている犬は、肉に含まれているヘモグロビンの色が出て、黒っぽい色のウンチになることもあります。

グレーや白、赤色は心配なウンチです!

ウンチの茶色は胆嚢から分泌される胆汁の色ですが、胆嚢の機能が弱まるなど何らかの理由で胆汁が正常に出ていないと、グレーっぽいウンチや白っぽいウンチになることがあります。また、全体的にグレーや白っぽくなる場合もあれば、茶色のウンチにグレーや白のウンチが混ざっていることもあるので、よく観察しましょう。
赤色のウンチは、腸内に強い炎症が起こっていたり、感染症を起こしている場合が考えられます。ウンチの表面だけに赤い血がついているなら、直腸や肛門など、ウンチの出口付近で出血している恐れも。
グレーや白、赤色のウンチが見られたら、すぐにかかりつけの獣医師に相談しましょう。

ちなみに…ウンチの内容物もチェックしよう!

色を見るときにいっしょにチェックしたいのが、ウンチの内容物。誤飲誤食により、ぬいぐるみの綿やおもちゃの破片などが混入しているケースは、「ウンチに出たからOK」と安易に考えるのは危険です。異物が腸に詰まると、腸閉塞などで、最悪の場合死に至ることも。また、ウンチに白い寄生虫(瓜実条虫など)がついているケースもありますから、しっかりチャックしましょう。

愛犬のウンチを毎日確認することは、愛犬の体調にいち早く気づくためにもとても大切なことです。愛犬がすこやかに暮らせるよう、毎日の日課にできるとよいですね。


参考/いぬのきもち2017年6月号「愛犬のウンチで健康チェック!」(監修:東京都杉並区・東京動物医療センター副院長 南直秀先生)
イラスト/佐田みそ
文/melanie

犬と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る