1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. MRIやCTスキャンも 愛犬の検査や予防にかかるお金ってどれくらい?

MRIやCTスキャンも 愛犬の検査や予防にかかるお金ってどれくらい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

犬の治療費は人と違って「自由診療」です。動物病院によって金額も異なるため、病気になるとどれくらいの治療費がかかるのかは気になるところ。毎年必要になる予防薬やワクチン接種など、検査や予防のお金はどれくらいかかるのか、保険会社のデータや『いぬのきもち』読者の体験談をもとに、病気ごとの治療費の目安を紹介します。

※この記事ではアニコム損保株式会社の「家庭どうぶつ白書2016」を引用しています。「家庭どうぶつ白書2016」はアニコム損保の「どうぶつ健保」にご契約のあった犬45万6822頭(0〜12才、オス・メス)を対象にしています。
また、年間平均診察費は「2016年度犬保険請理由TOP30」のデータをもとにしています。ただしこれらの金額は、最低額と最高額が大幅に異なるものも含まれているので、あくまでも平均額の参考としてお読みください。
※始期日(保険契約の開始日):2014年4月1日〜2015年3月31日

検査や予防にかかる費用はどれくらい?


【混合ワクチン接種】防げる病気が多いと金額も上がる

製薬会社によって異なりますが、混合ワクチンはおもに2〜11種類まであります。その種類が多いほど防げる病気が増えるため、金額も上がります。
「最近では、前回までのワクチンの効果がどれくらい残っているかをすぐに検査できる動物病院も。ただ、検査費がワクチン代と同じくらいかかる場合もあります」(ぬのかわ犬猫病院 中田分院院長 石田陽子先生。以下、石田先生)


【ノミ・ダニ・フィラリア症予防】薬の種類、犬の体重、投与期間で変わる

最近は予防薬の種類が豊富です。
ノミ・ダニ・フィラリア症の予防がひとつですむオールインワンタイプや、注射もあり、どのメーカーのどの薬を選ぶかによって金額に差が出ます。また、動物病院の方針や地域差により、何カ月間投与したほうがよいかも異なります。
「小型犬ならトータルで1カ月2000円〜3000円程度が多いのでは」(石田先生)


【CT・MRI】機械自体が高額で全身麻酔も必要な高額検査

CTは腫瘍や骨を調べる際に、MRIは脳神経や血管の病気が疑われる際に有効な検査。全身麻酔が必要になることと、機械自体が高額で、導入している動物病院が限られることから、どちらも5万円前後はかかるでしょう。
ただ、ペット保険に加入している場合は、病気と診断されるとトータルで保険適用外になることもあります。


いざというときのために治療費を知っておきましょう

犬の治療費は人のように公的な医療保険が適用されない「自由診療」だからこそ、いざというときのために目安は知っておきたいですね。

参考/「いぬのきもち」2018年11月号『愛犬の病気にかかった「治療費」白書』(監修:ぬのかわ犬猫病院 中田分院院長 石田陽子先生)
データ提供/アニコム損害保険株式会社
文/\(m.h)/

犬と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る