1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 愛犬のしつけがうまくいかない……こんな「NG行動」が原因かも?

犬と暮らす

UP DATE

愛犬のしつけがうまくいかない……こんな「NG行動」が原因かも?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛犬のしつけがどうもうまくいかない……。もしかしたら、無意識のうちに「NG行動」をとっているのかもしれません。
ここでは、しつけがうまくいかない飼い主さんがやってしまいがちな「NG行動」をご紹介。専門家のアドバイスもご紹介するので、参考にしてみてくださいね!

愛犬の機嫌をとって散歩に連れて行く

ミックス
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

愛犬の機嫌をとるため、おねだりされたタイミングで散歩に連れて行っていませんか?

機嫌をとれるうちはまだよいのですが、台風で外出できないなど、おねだりを聞いてあげられない状況になると、犬は激しく吠えたてるなどの問題行動を起こすことが。
また、このような状態が習慣化すると、飼い主さんの都合なんておかまいなしの、制御不能な“ワガママ犬”になってしまうケースもあるので注意が必要です。

機嫌をとっても犬はイイコにならないので、飼い主さんのペースにあわせて行動できるように育ててあげましょう。

散歩は飼い主さんの都合にあわせて

毎日決まった時間に散歩に行っていると、犬は「○時になったら散歩に行ける!」と覚え、おねだりするようになることがあります。

そこで、散歩は飼い主さんの都合にあわせて、毎日ばらばらの時間に連れて行くようにしましょう。そうすることで、犬は「散歩の時間は飼い主さん次第」と学習してくれるはずです。愛犬が眠そうにしていても、気兼ねなく誘ってOKですよ!

トイレの失敗を叱ってしまう

プードル
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

愛犬が粗相をしたときに叱っていませんか?

粗相したときに叱られると、犬は「排泄行為自体を叱られた」と勘違いし、飼い主さんから離れた場所で、隠れて排泄するようになることがあります。

言葉が通じない犬には、飼い主さんが怒っている雰囲気は伝わっても、なぜ叱られたのかまでは正しく伝わらないケースがほとんどです。叱ると失敗が悪化する場合もあるので、粗相しても叱らないようにしましょう。

失敗する前にトイレへ連れて行く

失敗する直前に気づき、抱っこなどでトイレへ連れて行ってあげましょう。そして、排泄後はほめて「トイレはココ」と覚えさせるのです。
先に気づけず失敗してしまった場合は、叱らずに静かに片づけてあげてください。

イタズラを経験させてしまう

柴
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

「愛犬がゴミ箱を荒らして困っている」という飼い主さんもいますが、そもそもこのようなイタズラは、経験させなければ悩むこともなかったのです。

犬は経験したことを学習する動物。そのため、1度でもイタズラを経験してしまうと、2度、3度と繰り返すことも少なくありません。経験させてから直すのは大変なので、愛犬に覚えさせたくないことは、最初から経験させない、あるいは繰り返させないようにしましょう。

イタズラ不可能な空間を作る

イタズラしがちな子犬のうちは、広めのサークルなどの中で愛犬を生活させ、ゴミ箱や洗濯物、食べ物などのイタズラされたくないものとは、距離をつくっておきましょう。
なお、この方法はイタズラを覚えた犬もおすすめなので、取り入れてみてくださいね!

自分の行動を見直してみることも大切!

日本スピッツ
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

「愛犬をイイコに育てたい」と思ってやっていたことが、かえってしつけを難しくさせてしまっていることも多いようです。しつけがうまくいかないときは一度立ち止まって、ご自身の行動を振り返ってみることも大切なのかもしれません。

参考/「いぬのきもち」2016年6月号『ムダを省くと、犬も人もラクになる!しつけに困っていない飼い主さんがやっていない10のこと』(監修:日英家庭犬トレーナー協会認定トレーナー ナカムラ・ドッグ・スクール いぬのようちえん主宰 中村太先生)
文/ハセベサチコ
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る