1. トップ
  2. 病気・症状データベース
  3. アレルギー
  4. 食物アレルギー[しょくもつあれるぎー]

アレルギー

UP DATE

食物アレルギー[しょくもつあれるぎー]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

食物アレルギーの症状と治療、予防方法

解説

アレルギーを起こす食物は、犬によってさまざまです。対象となる食物を口にすると、短時間で顔まわりがかゆくなったり、赤くなったりします。ほとんどの症状が皮膚に出るものですが、まれに下痢や嘔吐をする犬もいます。

原因

アレルギーを起こす食物や成分を口にするとおこります。

症状

多くの場合、季節に関係のない皮膚炎がおこります。お腹や足先の他、口の周りや肛門や陰部などにも炎症がおこることがあります。また、下痢や嘔吐など消化器症状が出ることがあります。

診断

症状の出るタイミングや様子によって食物アレルギーを疑うことが多いです。確定するには、アレルギーを起こさない処方食を一定期間食べる除去試験を行ったり、アレルギー検査でアレルギーを起こす食物を特定します。

食物アレルギーの治療

ふだんのフードや、症状が出る前に食べたものからアレルゲン(アレルギーを起こす原因となるもの)を突き止め、原因物質の入っていない低アレルギー食に切り替えます。

食物アレルギーの予防

アレルゲンがわからないと予防できないため、発症が確認されたあとは、アレルゲンとなる食品を与えないようにしましょう。

CATEGORY   アレルギー

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「アレルギー」の新着記事