1. トップ
  2. 病気・症状データベース
  3. 骨・関節
  4. 股関節形成不全[こかんせつけいせいふぜん]

骨・関節

UP DATE

股関節形成不全[こかんせつけいせいふぜん]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

股関節形成不全の症状と治療、予防方法

解説

股関節がゆるみやすくなる病気で、先天的に発症するケースが多いです。レトリーバー種やセント・バーナードなどの大型犬に多く、生後4カ月~1才くらいの子犬期の発症が大多数です。症状が出ないケースから、腰を振るように歩いたり、足を引きずったり、足が内またに見えたりなどさまざまです。

原因

ほとんどが遺伝的要因ですが、肥満も発症要因となります。

症状

お尻を振って歩く、後ろ足を引きずる、立つのが遅いなどの症状がでることもあれば、ほとんど症状が出ない場合もあります。

診断

身体検査、股関節周辺の触診、レントゲン検査により診断します。

なりやすい犬種

レトリーバー種やセント・バーナードなどの大型犬

股関節形成不全の治療

軽度の場合は運動を制限して安静にし、重度の場合は抗炎症薬や鎮痛剤で痛みをやわらげたり、外科手術を行う場合もあります。

股関節形成不全の予防

予防は難しいですが、発症した犬の繁殖はさせないようにしましょう。

CATEGORY   骨・関節

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「骨・関節」の新着記事

新着記事をもっと見る