1. トップ
  2. 病気・症状データベース
  3. 心臓
  4. 僧帽弁閉鎖不全[そうぼうべんへいさふぜん]

心臓

UP DATE

僧帽弁閉鎖不全[そうぼうべんへいさふぜん]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

僧帽弁閉鎖不全の症状と治療、予防方法

解説

心臓にある僧帽弁という弁が完全に閉じなくなることによって、血液の逆流が起こり、肺や気管に負担がかかってセキや呼吸困難を引き起こします。シニア犬に多い病気で、腎不全や肺水腫を併発したり、死に至ることも。

原因

心臓の左心室と左心房を隔てる僧房弁が変形や、弁と心臓をつなぐ腱が弱くなるなどして、きちんと閉まらなくなることにより、心臓の中で血液の逆流が起こります。これにより送り出す血液が減るため心臓が血液量を確保しようと過重労働してしまうために負荷がかかり、それが続くことにより心機能が低下します。

症状

初期はほぼ無症状ですが、病気が進行してくると咳が出たり、散歩中に座り込んだり、散歩を嫌がるなどの運動不耐性の症状が現れます。

診断

聴診で心臓の雑音の有無を聞いたり、レントゲン検査や超音波検査(エコー検査)で心臓の形態や動きなどを確認します。

僧帽弁閉鎖不全の治療

強心薬や利尿薬などを飲み続ける必要があり、ときには一生続くこともあります。また、血液の逆流を止める外科手術もあります。

僧帽弁閉鎖不全の予防

予防法はありませんが、発症したら、なるべく興奮させないようにし、長い散歩などは控えましょう。

CATEGORY   心臓

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「心臓」の新着記事