1. トップ
  2. 犬が好き
  3. エンタメ
  4. かわいい
  5. 「勝訴犬」とTwitterで話題に! 嬉しそうに判決を運ぶ姿が可愛い「犬用おもちゃ」誕生の秘話を聞いた

犬が好き

UP DATE

「勝訴犬」とTwitterで話題に! 嬉しそうに判決を運ぶ姿が可愛い「犬用おもちゃ」誕生の秘話を聞いた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「勝訴」と書かれたものをくわえて、嬉しそうに駆け寄ってくるこちらの柴犬。

勝訴犬
「うれしそうに判決を取ってきてくれる、犬用のおもちゃを作りました」
@niji_2oclock

このコがくわえているのは、じつは犬用のおもちゃ。Twitterに投稿されるやいなや「判決、かわいいは正義!」「笑顔でこれくわえてきたら私も笑顔なってまう」などと反響が。

モデルになった白柴のポンタくんは、Twitterで「勝訴犬」と呼ばれるほど話題になりました。

こちらのおもちゃを手がけたのは、商品企画会社「2時」。時計の2時の方角「ななめ上」の発想を大切に、プランナー2名が世の中を楽しくするモノやコトを生みだしています。

もっちりワモンアザラシクッション
「もっちりワモンアザラシクッション」
@niji_2oclock

これまでにもたくさんの商品を制作し、度々話題になっているんです。

「勝訴」と書かれた犬用おもちゃの制作裏話を聞いた!

「勝訴」の犬用おもちゃ
@niji_2oclock

今回いぬのきもちWEB MAGAZINEでは、「2時」の代表でプランナーの楢﨑友里さんに、「勝訴犬」で話題になったおもちゃの制作裏話を聞きました!

——「勝訴犬」の投稿が話題になっていましたね。こちらはどのようなグッズなのでしょうか?


楢﨑さん:
「2時のTwitterでは『おもしろい企画を定期的に投稿しよう』と考えており、今回のものは『ペット用品でなにかアイデアがでないかな』と思ったときに閃いた商品案です。

私も実家で犬を飼っているのですが、おもちゃを投げる取ってこい遊びが好きで、いつもいい笑顔でおもちゃを持ってきてくれるんです」

勝訴犬
モデル犬のポンタくん
@niji_2oclock

楢﨑さん:
「わんちゃんが遠くからいい笑顔で走ってくる姿と、裁判所の前に判決を持って走ってくる人のイメージが重なり、この商品アイデアが生まれました

——モデル犬のポンタくんも、とてもいい笑顔で「勝訴」を持ってきてくれましたよね!

楢﨑さん:
「ポンタくんに勝訴のおもちゃを与えてみると、気に入りすぎてなかなか離してくれなくて…撮影のために一旦貸してもらう交渉をするのが大変でした(笑)

撮影後は、ジャーキーとともに勝訴のおもちゃもポンタくんに差し上げました!」

勝訴犬
@niji_2oclock

——ポンタくんのくいつき具合からも、犬を魅了するおもちゃなんだなと伝わってきます。どのようなことにこだわって「勝訴」のおもちゃを作ったのでしょうか?


楢﨑さん:
「タオル生地にアイロンプリントで『勝訴』をプリントし、中綿を入れて作りました。クッションの上部には、わんちゃんがくわえたくなるようにロープがついています」

気になる商品化の予定は?

——Twitterの投稿を見た人たちから、商品化を望む声も多かったと思いますが、今後そのような予定はあるのでしょうか?


楢﨑さん:
「商品化を求むの声が多くて、本当に嬉しかったです。『犬だけでなく鈴をつけた猫バージョン』『裏面は不当判決にして』など、具体的でおもしろいアイデアも多く、みなさまのリプライを楽しく拝見しています。

みなさまからたくさんの声をいただけたのもそうですが、なにより私がいろんなわんちゃんや猫ちゃんが『勝訴』を持ってくる画を見たいので…ただいま前向きに商品化を検討しています!

また、まだ具体的なアイデアはありませんが、私は犬が大好きなので、これをきっかけに勝訴のおもちゃ以外にもいろいろ考えていきたいと思っています」

——今後の商品化を楽しみにしています!

勝訴犬
@niji_2oclock

商品化の情報などについては、Twitterで情報を発信するそうです。みなさんもぜひチェックしてみてくださいね!

写真提供・取材協力/企画デザイン2時 楢﨑友里さん(@niji_2oclock)
取材・文/雨宮カイ

CATEGORY   犬が好き

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る