1. トップ
  2. 犬が好き
  3. 雑学・豆知識
  4. 犬・猫と家族の24の話
  5. 「一緒にいる時間は限られているからこそお世話を大事にしたい」愛犬の数々の病気と向き合いながら、毎日を大切にする日々

犬が好き

UP DATE

「一緒にいる時間は限られているからこそお世話を大事にしたい」愛犬の数々の病気と向き合いながら、毎日を大切にする日々

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛犬は年齢を重ねていくと体力や体つきが変わってきたり、ときには病気にかかることも。チワワのピクシーくんも8才の秋、心臓に深刻な病があることがわかります。そんな状況を乗り越え、現在も元気に過ごす愛犬との日々をピクシーママさんに伺いました。

くりっとしたおめめが印象的なピクシーくん

お子さんの巣立ちが愛犬を迎えるきっかけに

お子さんが寮生活のために離れて暮らすことになり、ピクシーママさんが寂しい想いをしないようにというご主人の提案で、お迎えしたのがチワワのピクシーくん。

「こんなに小さなコと仲良くなれるのかな?」と心配に思ったものの、帰宅する車の中で早くもなついてくれたといいます。以来、呼べばすぐに飛んでくるほど“ママ命”に!
ピクシーくんはすくすくと成長していきます。

「ピクシーは初めて迎えた犬で、とても頭のいいコ。ある日、私が料理中に包丁で指を切ってしまったときにはとても心配そうにしてくれたのを見て感激しましたし、犬のすばらしさをピクシーが教えてくれました」とピクシーママさん。

7才を機に、健康だった体にさまざまな変化が

ママのいうことはよく聞いているというピクシーくん

そんなピクシーくんの心臓が悪くなってきたのは7才のとき。8才の秋には深刻な状態になり、獣医さんから「9才を迎えるのは難しいかもしれない」と言われます。
病院では平静を保ったものの、帰宅してからは耐え切れず、お風呂で毎晩のように泣いてしまったというピクシーママさん。「私からピクシーを取らないで」と祈ることもありました。

そんなピクシーママさんの願いが通じたのか、経過がよいときもあり、少しずつ希望が持てる状況に。心臓に病を抱えつつも、毎日とても元気に過ごすピクシーくんを見て、「泣いてばかりではダメだな」と気持ちを切り替えたといいます。

その後も9才でクッシング症候群や原因不明の眼の病気、12才の冬には肝臓病を患うなど「若い頃は”健康優良児”だったのに、まるで病気のデパートみたい」とママ自身が思ってしまうほど病気が重なりつつも、今年の2月20日には無事13才を迎えました。

一緒にいる時間は限られているからこそすべてのお世話を大事にしたい

弟犬の海くんとは仲良しで、お兄ちゃんぶりを発揮しているそう

今は3ヵ月から半年に1回、定期的に検査・検診を受け、病気と上手につきあいながら毎日を元気に過ごしています。のちに迎え入れた弟犬の海くんがお散歩中に他の犬から吠えられると、守るようにかばってくれるなど立派なお兄ちゃんぶりも見せてくれるそう。

「ピクシーを迎えてから家の中が明るくなった気がします。私も主人との会話が今まで以上に増え、笑うことも多くなりました。ピクシーが歩く足音さえ、かわいいと思って笑顔になれるんです」

一緒に過ごす時間は限られているので、毎日のブラッシングやお散歩も大切な時間だといいます。

「ピクシーが元気で生活できることを神様からのプレゼントだと思っています。できるだけ長生きを目指して、日々を大切に過ごしていきたいです」


取材協力・写真提供/ピクシーママさん(兵庫県)
取材・文/青柳恵美香

CATEGORY   犬が好き

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る