1. トップ
  2. 犬が好き
  3. 連載
  4. 穴澤賢の犬のはなし
  5. この異常な暑さへの対策は【穴澤賢の犬のはなし】

犬が好き

UP DATE

この異常な暑さへの対策は【穴澤賢の犬のはなし】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先代犬の「富士丸」と犬との暮らしと別れを経験したライターの穴澤賢が、
数年を経て現在は「大吉」と「福助」(どちらもミックス)との暮らしで
感じた何気ないことを語ります。

このところの暑さはなんだ。東京都心では5日連続の猛暑日とのことだが、まだ6月(これを書いている時点)なのに梅雨が明けた。どうなっているんだ。人間でも日中外に出ると耐え難い気温と湿度なのに、全身に毛皮をまとった犬たちにとってはまさに地獄だろう。

穴澤家の暑さ対策

わが家は毎朝7時くらいに散歩に出るが、ちょっと早めにと昨日は6時半にしてみたらそれでも歩いていると汗がにじむほどだった。だから今朝は、5時半にした。するとまだ涼しかったが、毎年真夏でも6時半なら平気だったのに、しばらくこれが続くのか。

犬の暑さ対策として、濡らしたタオルを首に巻いてあげるとか、濡れた服を着せるとかあるが、一番有効なのは早起きしかない。家で用が足せるならわざわざ暑い中、外に出なくていいが、大吉と福助は外でしかしようとしない。であれば、気温が上がる前に済ませるしかないのだ。

たまに完全に日が昇ってから犬と散歩している人を見かけるが、本当に「やめてあげてー!」といつも思う。自分が犬だったらどれくらいつらいか想像すれば分かるはずなのに。試しに靴を脱いでアスファルトに足を付けてみればいい。朝8時頃でびっくりするほど熱いはずだ。そんな上を肉球で歩かせているのだ。しかも人間よりずいぶん低いから、照り返しもすごい。そんなところを、毛皮のコートを着て歩けと言われたら絶対いやなはずだ。

特に黒い毛の犬にとって、ただでさえ日本の夏はつらい季節だ。だから、早起きするしかない。それが犬飼いの宿命なのだ。

愛犬のためにできる努力を

それから、日中に犬連れで出かけることはできるだけ避けている。病院での定期検診などがあれば仕方ないが、なるべく外を歩かないようにする。車中に残すようなことは絶対にしない。

家ではエアコンがフル稼働になる。うちはだいたい25〜26℃設定だが、24時間稼働している。2014年に鎌倉・腰越に越してきた頃は、夜になると海からいい風が吹いて窓を開けていれば快適に眠れたが、今ではエアコンなしでは眠れない。その分電気代がかかるが、こればかりはどうしようもない。やはり温暖化の影響なのだろうか。

そして、常に水が飲めるよう器を置く。うちは年中そうしているが、最近は気がつくと水がなくなっている頻度が高くなっている。だからしょっちゅう水飲み器をチェックするように注意している。

早朝の散歩と室内ではエアコン、夕方は気温が下がってからの散歩なので、彼らはこの灼熱地獄をほとんど実感していないと思う(八ヶ岳の山の家へ行けば、標高1400メートルくらいなのでエアコンがなくても涼しいし)。

それにしても、5時半か。ということは、夜早く寝ないといけない。お酒も控えないといけない。なのに朝起こすと「なんでこんなに朝早いんだよ」と迷惑そうな顔をされる。でも結果的に、妙に健康的になっている。

それにしても6月でこれだから、7月8月はどうなるのか。5時起き? もしかして4時台? 毎朝そんな早起きしないといけないのか。嫌だなぁ。犬飼いのみんな、頑張ろう。



プロフィール
穴澤 賢(あなざわ まさる)
1971年大阪生まれ。2005年、愛犬との日常をつづったブログ「富士丸な日々」が話題となり、その後エッセイやコラムを執筆するようになる。著書に『ひとりと一匹』(小学館文庫)、自ら選曲したコンピレーションアルバムとエッセイをまとめたCDブック『Another Side Of Music』(ワーナーミュージック・ジャパン)、愛犬の死から一年後の心境を語った『またね、富士丸。』(世界文化社)、本連載をまとめた『また、犬と暮らして』(世界文化社)などがある。2015年、長年犬と暮らした経験から「DeLoreans」というブランドを立ち上げる。

ブログ「Another Days」
ツイッター
インスタグラム

大吉(2011年8月17日生まれ・オス)
茨城県で放し飼いの白い犬(父)とある家庭の茶色い犬(母)の間に生まれる。飼い主募集サイトを経て穴澤家へ。敬語を話す小学生のように妙に大人びた性格。雷と花火と暴走族が苦手。せっかく海の近くに引っ越したのに、海も砂浜もそんなに好きではないもよう。

福助(2014年1月11日生まれ・オス)
千葉県の施設から保護団体を経て穴澤家へ。捕獲されたときのトラウマから当初は人間を怖がり逃げまどっていたが、約2カ月ほどでただの破壊王へ。ついでにデブになる。運動神経はかなりいいので、家では「動けるデブ」と呼ばれている。

楽天ブックス
「犬の笑顔が見たいから」(世界文化社)楽天ブックス
CATEGORY   犬が好き

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る