1. トップ
  2. 犬が好き
  3. トイレ、遙かなる旅【穴澤賢の犬のはなし】

トイレ、遙かなる旅【穴澤賢の犬のはなし】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トイレ、遙かなる旅

いぬのきもちweb

以前、福助が毎回スピーカー前でトイレをするからそこにトイレシートを置かざるを得ず、そうするとまたそこでするということを少し書いた。実はそのループから現在でも抜け出せずにいる。さて、どうしたものだろうか。

いぬのきもちweb

これまで犬と暮らしてきて、トイレのしつけで困ったことはそれほどない。多少の粗相はあっても、基本的に犬は自分でトイレの場所を覚えたらそこでしてくれるからだ。大吉がうちに来たときは、クンクンして落ち着きがなくなってきたらだっこしてトイレシートを敷いたケージまで連れて行き、そこできちんとできたらオヤツをあげてほめる、という方法を何度か繰り返すことでわりとスムーズに覚えてくれた。

いぬのきもちweb

ところが福助については、来たときはトラウマ犬で抱き上げることが困難だったので、その方法が使えなかった。だからトイレ問題は後回しにしていたのだが、福助はリビングにあるオーディオセットのスピーカー前付近でおしっこをするようになった。そこはトイレではないのだが、毎回するのでトイレシートを置いているうちに、完全にそこが彼にとってトイレと固定されてしまったらしい。

いぬのきもちweb

面白いのは、福助がトイレを覚える間に引っ越しがあったのだが、新しい家に来ても福助はなぜか右のスピーカーの前が排泄の場所だと認識しているということ。家の中のほかの場所では一切しない。大吉ですら1才になるまではベッドの上やキッチンで粗相をしたことがあるというのに、そういう意味では福助は大変優秀だといえなくもない。が、できれば右のスピーカーの前ではないところにしてくれないかなぁと思う。

いぬのきもちweb

我が家にはキッチンの脇に申し訳程度のパントリーがある。その下の部分をワンコ用トイレスペースにして、トイレシートを敷き詰めている。ワンコのトイレスペースは意外に場所を取るものなので、引っ込んでいるパントリーの下ならデッドスペースが生まれず狭い部屋を有効に活用できるというねらいがある。

いぬのきもちweb

大吉は理解力が高いので、促せばそこでしてくれるようになった(促さないとまずしない)。いつのころからか外でしか排泄したがらなくなったのだが、高齢になったときのことを考えて、今のうちから家の中でもおしっこくらいはできるようになってもらうために1日に1回はそこでしてもらうようにしている。

いぬのきもちweb

トイレシートは汚れたらすぐに交換しているので(そのままにしておくと絶対しないから)、福助にもその専用スペースで排泄するようになってもらいたいのだが、これがなかなか難しい。なぜなら福助は人目を避けて排泄する癖があるからだ(散歩は別)。決まって少し家を空けたり、すごいときはちょっと下の階に行ったりしている隙をついてする。いつも気がつくとトイレシートにおしっこがしてあるのだ。

いぬのきもちweb

困るのは、たまにトイレシートからはみ出して床がびしょびしょになっていること。そんなにそこでしたいのならと半分諦めてそこにワンコ用のトイレを置いてみたのだが、なぜかトイレの上には乗らず、トイレの横でする。結果的にトイレの横にさらにトイレシートを敷く、というわけのわからないことになっている(それでも結構な割合で周囲にはみ出す)。

いぬのきもちweb

福助に、大吉が専用スペースでおしっこするところを見せる。そこでするよう声をかけながら促す、福助のおしっこのニオイが染みついたトイレシートを専用スペースに置く、右のスピーカーの前から毎日少しずつトイレシートをずらしていく、などなど思いつくことはいろいろ試した。が、今のところどれも成功していない。トイレシートをずらす方法は途中までうまくいったが、2メートルくらいの移動したころに、また元に戻ってしまった。さらに引っ越しもあり、結局右スピーカーの前で落ち着いている。

いぬのきもちweb

先日、仕事で会ったドッグトレーナーさん(そのときの話はまた別の機会で)にそのことを相談したところ、少しずつずらしていくのは有効とのことだった。ただし動かす距離は1日に2センチ程度。犬も気づかないくらい、ほんのわずかがいいとのことだった。さらにおしっこをしているときに声をかけて、その言葉と排泄を関係付けることも重要だと教わった。しかし人がいるところで排泄しないのでこれも難しい。

いぬのきもちweb

現在の間取りだと右スピーカー前からパントリーまでは、けっこう遠い。移動距離にして3メートル以上はあるだろうか。毎日2センチ移動したとして、なんと150日。さらに、途中にはコルクマットを敷き詰めている(プロレスごっこ中の滑り止め)ゾーンもあり、そこをどうクリアするのかという課題もある。

いぬのきもちweb

さてこれらをどう解決していこうと思う反面、実はそんなに本気で悩んでいるわけではなかったりする。そのうちなんとかなるだろうし、後になれば「そんなこともあったよねぇ」と懐かしく思える日が来ることを経験上知っているから。それよりも最初は抱き上げることすら困難だった福助が、今では家に来る友人にまで体を好きに触らせるようになったことがすごい進歩だなぁ、などと思いながら今日も右のスピーカー前ではみ出したおしっこを拭いたりしている。福助が専用スペースでおしっこをしてくれる日は、いつになるのだろうか。

いぬのきもちweb

穴澤賢の最新刊『また、犬と暮らして。』発売中
Another Days
富士丸な日々
DeLoreans-shop

犬が好き

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る