1. トップ
  2. 犬が好き
  3. 大吉のプライド【穴澤賢の犬のはなし】

大吉のプライド【穴澤賢の犬のはなし】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大吉のプライド

いぬのきもちweb

犬と暮らしたことのある人ならわかると思うが、犬にもプライドがある。あくまでも人間から見てそう思うだけかもしれないが、年齢を重ねていくごとに彼らのプライドは高くなっていくような気がする。たとえば、我が家の大吉も。

いぬのきもちweb

3才になる大吉とまだ1才にもならない福助を見ていると、同じ犬でもこんなに違うのかと思うほど理解力や洞察力などに差がある。大吉のほうが福助よりも圧倒的に優れている。たとえば大吉はある程度よく使う単語なら、かなり理解している。「散歩」なんかはもっとも顕著で、大吉の前で人と会話しているときにうっかりその単語を口走ると「え? 行く?」みたいな顔で飛び起きたりする。その度に「ごめんごめん、違うから」と否定しなくてはならない。

いぬのきもちweb

また、散歩しているときに曲がり角で「あ、そこ右ね」などと後方から指示すると、かなりの確率で前を歩く大吉がそのとおりに曲がったりする(リードを引っ張って合図などはしていないが、指や顔で方向を示すくらいはするので総合的に判断しているものと思われる)。一方の福助はそういう大吉のそぶりをマネているだけで、単語もこちらの意図もおそらくほとんど伝わっていない。ほめられているか怒られているかくらいはわかるが(ほめると「えへ!」という顔になり、叱るとこの世の終わりのような顔になる)、意思疎通はまだまだこれからといったところだ。プライドらしきものもまだ持ち合わせていない。

いぬのきもちweb

しかし大吉にはいつのころからかしっかりとプライドが芽生えており、とくに福助が来てからは「コイツといっしょにしないでくれる?」みたいな表情をすることがよくある。たとえば留守中に福助が何かを散乱させたりしているのを発見すると、大吉は必ず「いっとくけど、オレじゃないからね」と目で訴えてくる。その度に「わかってるって」と言ってやらねばならない。どうやら毎回念を押しておかなければ気が済まないらしい(それなら福助を注意して止めさせてくれればいいのにと思うが、ひたすら傍観している)。

いぬのきもちweb

自分を人間だと勘違いしているわけではないだろうが、自分は犬(福助)とは違うんだという思いがあるように感じられる。大吉が福助にちょっかいをかけられるかたちでドタバタがはじまり、ヒートアップしてきたころに「お前らうるさいっ!」と叱ると、決まって大吉は「だってコイツが悪いんじゃん!」という抗議の眼差しを向けてきたりする。そしてまだしつこくちょっかいを出してくる福助(ぜんぜん懲りない)に対し「お前のせいでオレまで怒られただろっ!」という感じで若干きつく当たったりもする。

いぬのきもちweb

そんな誇り高き大吉に対し「お前だって幼いころは似たようなもんだったんだけどね」とノド元まででかかるのをぐっと堪えて「偉いなぁ、お前は」と言って頭や首をわしゃわしゃとなでてやる。すると「当たり前じゃん!」と得意顔になる大吉なのだった。

いぬのきもちweb

穴澤賢の最新刊『また、犬と暮らして。』発売中
Another Days
富士丸な日々
DeLoreans-shop

犬が好き

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る