1. トップ
  2. 犬が好き
  3. トイレ問題、ついに解決!?【穴澤賢の犬のはなし】

トイレ問題、ついに解決!?【穴澤賢の犬のはなし】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トイレ問題、ついに解決!?

いぬのきもちweb

以前から、何度も福助が家の中でのトイレを覚えないと書いてきた。その対策として『イヤミ作戦』や『散歩を増やす』など、いろいろ行ってきた。それでもなかなか治らなかったが、ここへ来てようやく解決の兆しが見えてきた。同じく、そそう問題で悩む飼い主さん、ご参考までに。

いぬのきもちweb

これまで行ってきた対策についての感想だが、まず『イヤミ作戦』は福助にはあまり通用しなかったようだ。オシッコしたところを掃除するときに「あぁ、本当に何度言えばわかるのかねぇ。馬鹿なのかねぇ」とわざとらしく声に出してため息をついたりしてみたのだが、一応反省顔にはなるものの、翌日にはまた同じことをする。思うに、イヤミが通用するのは、犬がもう少し成長して、人間の表情などをもっと読み取れるようになってからのような気がする。

いぬのきもちweb

続いて、夕方の散歩を福助のみもう1回プラスする作戦だが、これはなかなかに効果があったと思われる。たくさん運動することが、そそうを防ぐことと直接関係あるのかわからないが、これをやるようになってからスピーカーの前でオシッコをする頻度が明らかに減っていった。が、まったくしなくなったわけではなく、1週間に1度くらいはそそうをしてくれた。

いぬのきもちweb

さて困った。ほかに何をすればいいというのか? しかたないので、すごくシンプルにトイレ以外でオシッコをしたら叱ることにした。といっても、福助がオシッコをするのは右のスピーカー前だと決まっている。しかも、必ず人が見ていないときを狙ってする。なので、まずオシッコをしてあるのを発見したら、福助がどこにいようと捕まえてその場所まで連れて行き「ここにしたらダメってゆうとるやろ!」と大きな声でいうことにした。

※いぬのきもちWeb編集室注:いぬのきもちwebでは犬を叱って教えることは推奨していませんが、これは穴澤氏個人の見解のため、何卒ご了承ください。「いけないことを叱って教える」やり方は、犬によっては飼い主さんを避けるようになったり、攻撃的になるといった弊害も。愛犬が飼い主さんを嫌いになってしまう怖れがあります。

いぬのきもちweb

すると意外なことに、これが1番効果があった。2度ほど叱ったら、ピタリとそそうがやんだのだ。もちろん散歩の回数を増やすなど、ほかの対策も複合的に行ってのことだが、外出時もほとんど心配する必要がないほどになった。が、別の問題も出てきた。それまでは家のトイレスペースで大吉にオシッコをさせれば、その後に必ず福助もオシッコをしてくれていたのに、なぜかしなくなってしまったのだ。大吉のオシッコのニオイをクンクンかいだあと、プイッと出てきてしまう。

いぬのきもちweb

成長するにつれ、犬が家の中で排泄をしたがらなくなることもある。しかしそれでは高齢になったときに困るから、わが家では家でもオシッコできるように訓練している(大吉も促さないとまずしない)。福助がスピーカーの前でオシッコをしなくなったのは嬉しいが、それまではできていたトイレスペースでしなくなるのはあまりよろしくない。

いぬのきもちweb

ふだんは、朝や夕方の散歩のほか、昼に1度、寝る前に1度、家のトイレスペースでオシッコをさせてきた。昼はまだいいとして、夜にしてくれないと夕方から朝までオシッコをがまんしていることになる。犬は人間より尿意をコントロールできるというが、それでも少しかわいそうに思える。しかたなく夜遅くに福助をほんの少しだけ外に出すと、ちゃんとオシッコをするのだ。が、それを日常的に行うと「夜になれば外へ出してくれる」と思い込むに決まっているので、心を鬼にして数日に1度くらいの割合にとどめている。

いぬのきもちweb

あとは家の中のトイレシートでまたしてくれるようになればすべてが解決だ。とはいえ、福助がスピーカーの前でオシッコをすることはなくなった。かれこれ3週間はしていないのではないだろうか。わりと長くかかったが、こちらが諦めずに取り組めば、犬もいつかわかってくれる(正確にはこちらの都合に合わせてくれる)のだと改めて思った。という締めで今回の原稿を終えようと思っていたが、今朝起きたら久々にスピーカーの前でオシッコをされていた……。なかなか手強いやつだ。

いぬのきもちweb

穴澤賢の最新刊『また、犬と暮らして。』発売中
Another Days
富士丸な日々
DeLoreans-shop

犬が好き

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい!
「犬が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る