1. トップ
  2. 犬が好き
  3. 大吉の威を借るタヌキ【穴澤賢の犬のはなし】

大吉の威を借るタヌキ【穴澤賢の犬のはなし】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大吉の威を借るタヌキ

いぬのきもちweb

世の中には、偉い人がそばにいるときはやたら威勢のいい奴がいる。人間社会だけのことかと思っていたら、犬の世界でもそういう奴はいるらしく……。

いぬのきもちweb

大吉も福助も、よその犬とケンカをすることはない。ものすごくフレンドリーかといえばそうでもないが、大吉はゆっくり近づいていってあいさつできるし、相性がよくて気分が乗ればじゃれついたりもする。たまに犬嫌いで見ただけでガウガウ唸ってくる犬がいても、相手にしないようだ。

いぬのきもちweb

いっぽう福助の場合、まだ幼いからかあいさつの仕方はかなりがさつで、ガンガン距離を詰めようとするため、相手の犬から敬遠されがちだったりする。だからほかの犬に近づくときはしっかりリードを持って、こちらがコントロールしてやらねばならない。また、ケンカごしの犬に吠えられたら「なんだお前、やんのか!」とばかりにイケイケなそぶりを見せたりもする。

いぬのきもちweb

まぁ若い犬(とくにオス)はだいたいそういうもので、暑苦しいし、しつこいから、4才、5才以上の落ち着いた犬からは「あー、うざいのが来たわ」という目で見られている。しかしそれも成長するに従って距離感を学び「大人の対応」ができるようになっていく。富士丸や大吉がそうだったように、と思っていた。

いぬのきもちweb

が、どうやら若いだけではないと気が付いたのは、福助だけで散歩に行くようになってからだ。この前書いたように、少し前から体力があり余っているであろう福助のために、いつもの散歩プラス、単独での散歩に連れて行く。そんなときにほかの犬に合うと、いつもの勢いが見られないのだ。勢いというか、自ら近寄って行くことすらしない。

いぬのきもちweb

逆に相手から近寄ってこられても「あの、なんすか?」という感じでやけに弱腰だったりする。遠くから吠えられたりすると、聞こえないふりをする。近くでいきなりケンカを売られたりすると、ビビッてそそくさと逃げる。なんだそれ。いつもの威勢はどこへ行った。大吉がそばにいるときとまるで態度が違うので最初見たときはびっくりした。ダサい。ダサすぎる。サイテーだ。

いぬのきもちweb

さらに福助の本性を垣間見たのは、ドッグランでのこと。福助を迎えた当時は近所に手頃なドッグランがなかったこともあり、ドッグランデビューは1才を過ぎてからだった。リードをつけたまま少しようすを見て、大丈夫そうだったので放してみたが、フリーになっても大吉のうしろをひたすらついてまわるのだ。

いぬのきもちweb

大吉は大型犬を前にしてもひるむようすはないが、福助はひるみまくる。相手から「遊ぼうよ」と誘われているだけなのに「ひゃ、ごめんなさい!」という感じで後ずさる。福助が気を抜いた隙をついて、ためしに大吉を連れて木陰に隠れて観察してみると、呆然と立ちつくす始末。情けなすぎる。それ以来、福助のことを男としてちょっと見下している。

いぬのきもちweb

穴澤賢の最新刊『また、犬と暮らして。』発売中
Another Days
富士丸な日々
DeLoreans-shop

犬が好き

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る