1. トップ
  2. 犬が好き
  3. 犬は公平性を重んじる?【穴澤賢の犬のはなし】

犬は公平性を重んじる?【穴澤賢の犬のはなし】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

犬は公平性を重んじる?

いぬのきもちweb

考えてみれば、公平、不公平という感覚も不思議だ。ひとりだとなんともないことが、他人と比較することで不満に感じたりする。そのあたり、犬はどうなのだろう。

いぬのきもちweb

少し前にケーブルテレビで犬番組を見ていると、興味深い実験をしていた。犬にお手を要求し、できたらオヤツをひとつ与える。それを繰り返しながら、しばらくしたらお手ができてもオヤツをあげないようにする。そしたら、どのタイミングで犬はお手をしなくなるか。

いぬのきもちweb

今度は、同じことを2頭の犬に対して交互に行う。そしてある段階から、片方の犬にはお手をしてもオヤツをあげず、もう片方の犬にはお手をしたらオヤツを与える。それを繰り返すとどうなるか、というちょっと意地悪な実験だ。

いぬのきもちweb

結果は、失礼ながらちょっと面白いものだった。オヤツをもらえなくなった犬は、最初は「なんで?」と困惑した顔を浮かべながらも何度かお手をするが、そのうち「やってられない」とばかりに不満そうに寝そべって、お手をしなくなったのだ。

いぬのきもちweb

驚くべきことに、27頭すべての犬で、2頭で実験したときの方が単独のときより2倍早くお手を拒否しはじめたという。そう、犬は間違いなく公平、不公平をしっかり認識しているのだ。

いぬのきもちweb

しかし驚くまでもなく、犬が公平性を重要視することはなんとなくわかっていた。テレビで見た実験は極端だったが、犬と暮らしている人、とくに複数飼いをしている人なら、犬が公平性を重んじることは経験的に知っているのではないだろうか。

いぬのきもちweb

わが家でも、大吉に何かちょっとでもおすそわけをあげたりしようものなら、福助がすっ飛んで来て「オレも!」という顔をする。ただ、その順が逆になったとしても、大吉は「オレも!」という顔はしない。冷たい目で「あっそ」とそっぽを向くのだ、そいつを優先するわけね、という感じで。

いぬのきもちweb

そのくせ、福助にオモチャをふたつとも横取りされても、ほとんど怒らない。大吉の場合、人間から自分と福助がどういう対応をされるか、そこが重要らしい。もしうちで、あんな実験をしたらどうなるのだろう。福助はともかく、大吉がへそを曲げたら怖いので絶対やらないけど。

いぬのきもちweb

穴澤賢の最新刊『また、犬と暮らして。』発売中
Another Days
富士丸な日々
DeLoreans-shop

犬が好き

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい!
「犬が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る