1. トップ
  2. 犬が好き
  3. 犬の曲を作るきっかけはスタッフの言葉だった|吉田山田の期間限定連載「チャーリーとぼく」

犬が好き

UP DATE

犬の曲を作るきっかけはスタッフの言葉だった|吉田山田の期間限定連載「チャーリーとぼく」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

犬と暮らす人・暮らした人なら誰でも感情を揺さぶられると、今話題の曲「赤い首輪」。二人組アーティスト・吉田山田のこの曲は、吉田結威さんの愛犬・チャーリーへの想いが歌われています。「いぬのきもちWEB MAGAZINE」では、期間限定で特別に、吉田さんに寄せていただいたエッセイをお届けしています。

他の記事はこちら

「犬をテーマにした曲を聞いてみたい」と言われて

チャーリーとくつろぐ吉田さん

↑チャーリーとくつろぐ吉田さん

「吉田山田」というお笑い芸人さんのような名前で音楽活動をしています、吉田山田のギターとヴォーカルを担当している吉田です。この連載も今回で2回目となりました。僕らミュージシャンは曲を作ることで色々な人と出会い、関わり、繋がり、そしてまたその繋がりを元に作品を作っていきます。

 「赤い首輪」という作品を作ったことをきっかけに、こうして拙いながらもこの場で文章を書かせていただいています。

 そもそも何故「赤い首輪」という曲を作ったかというと、数年前から僕らの制作の担当をしてくれているスタッフさんも犬を飼っていて、ことあるごとに犬の話で盛り上がっていました(親バカ自慢)。

 そんな中で、そのスタッフさんが「吉田山田で、犬をテーマにした曲聴いてみたいなぁ。」とおっしゃったのです。正直最初は笑って誤魔化していましたが、スタッフさんの目はあくまで真剣。僕にとって「愛犬の曲を作る」ということはとても難しいことのように思えました。犬は、そこにただ生きてくれているだけで素晴らしい存在だと思っているので、改めてその気持ちを紐解くことは、もう途方も無い作業のように思えたのです。僕はスタッフさんに、「できたらやってみます。。」とだけ言って、しばらく作品作りには着手せずにいました。

さまざまな出会いが僕に曲を作らせている

そんなある日、日課のランニングをしている最中ふと言葉が浮かんできたのです。

「また明日会うための今日のサヨナラ」。

帰宅後この言葉をきっかけに作り出したら30分くらいで全体が出来上がってしまったのです。自分でも驚きました。本当は作りたかったんだなとその時気がつきました。

 そしていつも通り相方の山田と関係各所に聴いてもらおうと自宅でデモ音源を録ろうとしたのですが、歌いながら感情が溢れてしまって、嗚咽でとても歌えないのです。こんなことは人生で初めてでした。

 どれだけ反響があるかは関係なく、その時僕は一人のミュージシャンとしてこの曲を作れてよかったと思いました。様々な人に出会わせてもらって、まだ出会ったことのない自分にも出会えて、曲も作らせてもらえる。そんな「繋がり」に日々感謝です。

↑2018年11月17日東京国際フォーラムCにて行われた吉田山田<Band Set>より

文/吉田結威(吉田山田)

吉田山田 プロフィール

吉田結威(Gu/Vo)と、山田義孝からなる二人組アーチスト。2009年10月に「ガムシャランナー」でメジャーデビュー。2013年12月に放送を開始したNHKみんなのうた「日々」が「泣ける歌」として話題になり、5度の再放送を経てロングセールス記録。YouTubeの再生回数は1200万回を超えた。全国の重ねてきたライブ活動によりファンの熱い支持を得ている。2018年10月31日に、6枚目のフルアルバム「欲望」をリリース。来年のデビュー10周年に向けて活動中。詳細はオフィシャルHP

吉田山田
吉田山田オフィシャルサイト
CATEGORY   犬が好き

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る