1. トップ
  2. 犬が好き
  3. 柴犬マロたん、お友達わんこと微妙?絶妙?な距離感。

柴犬マロたん、お友達わんこと微妙?絶妙?な距離感。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

暖かかったり急に真冬の寒さに戻ったり、今冬の気候は忙しいですね。
わんこは冬になると元気になると言われたりしますが、寒がりでお散歩嫌いなマロたんにとっては嬉しくないのが冬です。そして、マロたんのおともだち「ヤマトくん」も寒い日のお散歩が苦手です。

そんな「ふたり」がぽかぽか陽気に誘われて、久しぶりに並んで歩きました。体は小さくとも4歳年上のヤマトくんが先に歩くのが流儀なのか、一歩下がって歩く大和撫子なマロたんです。

クンクンするのもヤマトくんが先で、マロたんはその後に「ここ重要ですかパイセン!」とクンクンします。

「パイセンおそいっす…」
だけど、ヤマトくんに比べると4歳若くて体も大きいマロたんは、自分のペースで歩き出してパイセンを置き去りにしてしまいます。画像の右上の角をご覧ください。休憩中のヤマトくんがぺったんこになっています。

無理矢理拡大してみました。み、見てる!
体も小さくて足も短いヤマトくんは、頑張ってもマロたんと同じスピードで歩けないのです。ちょこちょこ歩く姿はとってもキュートなのだけど。

「パイセンおさきにー!」
お散歩中にこんなに楽しそうな顔をしているのを久しぶりに見た気がします。ぽかぽかは素晴らしい。

テンションが上がって走り出すマロたん。

「マロについてこられますかーーー?」
ついていけないので落ち着いて欲しいけれど、マロたんの幸せな顔が見られるなら心臓が爆発したってかまいません。どこまでも一緒に走ります。

それなのにゼーゼー言いながら追いかける飼い主よりも、ずっと後ろを歩くヤマトパイセンを気にしています。

「パイセンおそすぎるっす」
立ち止まってヤマトくんが追いつくのを待ちます。他のわんこと遊ぶことが苦手なヤマトくんとマロたんが追いかけっこ等をして遊んだことはありません。それでもヤマトくんが遅いと気になっちゃうようです。

「おそい!」

「おそい…」

「おそ…あ、きました。」

「おまたせ、可愛いぼくです!」
知らない人には距離を取るヤマトくんですが、わたしのことは「おやつをくれるおばさん」と認識してくれているので、マロたんをスルーしてわたしのもとへ。

マロたんもヤマトパイセンをスルーして、パイセンパパにおやつのおねだりです。マロたんが待っていたのは、パパのほうかも?

ベタベタすることは無くても、犬同士がお互いがお互いを意識しないって信頼関係があってこそですもんね。かと思えば、時々ぴったり寄り添ってたりもします。

トゥーシャイシャイボーイ

とは言え、マロたんには「そのブロンドすてき!その大きくてたくましいところもすてき!」と目がハートになっちゃうわんこさんもいます。

ゴールデンレトリバーのニコちゃんです。マロたんより2歳年上のシャイボーイです。マロたんがどんなにお腹を見せて「だいすき!」のアピールをしても…。

「悪いけど…ぼくがすきなのは、マロンちゃんのママですから…」と、じっと見つめてくれるニコちゃんがわたしも大好き。力強くバシッと「お手」をしてくれるところも萌えポイント。でも、お腹を出したままずっと待っているマロたんがかわいそう(笑)

ある時は、サマーカットをしたニコちゃんに「毛がみじかくなってもすてきね!だいすき!」とアピールするマロたんに、へっぴり腰で付き合ってくれたニコちゃんです。

3秒後には「積極的すぎる女子はちょっと…ぼく、好きな人がいるから…」と、お断りされました。マロたんの「相手にされないのに何度も積極的にアピールする折れない心」を飼い主も見習いたい。

「ぼくがすきなのは、やっぱりマロンちゃんのママですから!」
まっすぐな愛情をわたし(が持っているおやつ)に注いでくれたニコちゃんです。うちのこにしちゃいたいと何度思ったことでしょう。

ですが、先日お空へ旅立ったそうです。わんこが苦手なのに、毎回マロたんの大好きアピールに付き合ってくれたニコちゃん。優しくてお利口で可愛いニコちゃん。マロたんだけでなく、わたしも大好きでした。ありがとう、ニコちゃん。

犬が好き

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る