1. トップ
  2. 犬が好き
  3. 柴犬マロたん、信頼できる獣医師さんに出会うまでにかかった年月は6年!

犬が好き

UP DATE

柴犬マロたん、信頼できる獣医師さんに出会うまでにかかった年月は6年!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ペットを飼っているみなさん、動物病院を選ぶポイントは何ですか?
家から近いから、新しくてキレイだから、人気のある先生だから、専門医がいるから、施設が素晴らしいから、などなど、いろんな理由がありますよね。わたしの場合は、「先生が飼い主の気持ちを汲んでくれるから」です。

病院で先生たちに愛想を振りまいていたパピー期

はじめてマロたんが病院に行ったのは、健康診断とワクチンのためでした。その当時通っていたのは、家からいちばん近くて先代の犬たちもお世話になっていたA病院です。そこの先生は、「柴犬だから」と、問答無用で口輪をするのです。マロたんが暴れたり攻撃的になるのなら必要だと思いますが、一度もそんなことないのに。

あまり病院には縁がなかった1歳の頃

「口輪やめてもらえませんか」と、お願いしたこともあったのですが、「柴犬だから」と、取り合ってもらえませんでした。きっと嫌な思い出があるのでしょうけれど…。口輪をされてもじっと我慢しているマロたんの姿に耐えきれなくなり、違う病院に行くことにしました。先代わんこたちもお世話になったのに、違う病院に行くのは後ろめたいような気持ちでした。

真面目に体重管理をしていた頃

そんなとき、自宅からそう遠くない場所に新しくB病院ができました。飼い主には厳しい先生でしたが、マロたんには優しくて赤ちゃん言葉になっちゃう先生で、そのギャップもいいなと思っていました。もちろん口輪もされません。少しでもマロたんの体重が増えると「ダイエットしてください!おやつ禁止です!」と、叱られましたが、それもマロたんを思ってのことですので、真面目に体重管理をしていました。

ライオン姿も様になってきた頃

だけど、その頃から徐々に痒がることが増えたマロたん。「変なもの食べさせていませんか。療法食とお水だけあげてください。肥満もアレルギーにはよくありません!」と、おっしゃるだけで、薬の処方は一切なし。フードとお水しかあげてないし、血がにじむほど掻いているのに、このままじゃマロたんが可哀想!と、違う病院に行くことにしました。

耳の黒ずみ(アレルギーの炎症)が目立ち始めた頃

それが今のかかりつけの病院です。ご近所の猫の飼い主さんに紹介してもらいました。先生がとにかく明るくて気さくで、よく飼い主の話を聞いてくださいます。体重については「避妊済のメスだし、年齢考えれば問題ないよ」と、マロたんのお腹をもみもみして「ぷにぷにだけどさ!」と、笑い飛ばす先生なので、ついつい甘やかしてしまうのが欠点と言えば欠点です。悪いのはわたしですけど。

お薬が効いて毛がもふもふ!ついでに体重も増…

病院に通うのは、ワクチンと極稀に体調を崩したときだけなら、病院選びもさほど重要ではありませんが(それでも口輪は嫌でした…)、今は毎月通院しているので、マロたんだけでなく、飼い主と病院や先生との相性も大事だと痛感しています。アレルギーは時々悪化することもありますが、薬の種類や量を調節しながら、そう悪くない状態を維持できています。

マロたんのおともだち、ヤマトくんの場合

ヤマトくんは、数年前に換毛期が来なくなり毛がスカスカになりました。やたらお水を飲みたがったり、お腹が膨らんだり、明らかに様子が変わりました。仔犬時代から通っていた病院に行くと「アレルギーかも?」と、療法食を食べさせて様子を見ていましたが、1年近く経っても良くならず、やっぱりおかしいと、当時マロたんが通っていたB病院で検査したところ、すぐにクッシング症候群だと判明しました。(B病院とてもいい病院なんですよ!)

最近のヤマトくん、すっかり元気になりました

美しい毛並みが戻り、表情も明るくなりました。あのまま同じ病院に通っていたら、今もずっと苦しい思いをしていたのかと思うと涙が出そうです。治療を続けてもよくならないとか、先生との相性が悪いとか、そんなときはセカンドオピニオンを受けてみてくださいね。短期間に病院をコロコロ変えるのはよくないかもしれませんが、命に関わるような病気の場合は、なるべく早くいろんな先生の意見を聞いてみたほうが、納得できる治療法が見つかるかもしれません。

違う病院に通うことに反対するのは意外な人物

ペットを飼っている既婚女性と話をしていると、病院を変えることに反対する旦那さんってわりといるみたいです。去勢に反対するのも旦那さんのほうが多い印象です。ご自分のを取れって言われてるわけじゃないのに。男の人のほうが慎重なのでしょうか。

柴犬の場合もメスのほうが強い

体重9kgのマロたんに対し、隣のレオくんは20kg。体も大きくて年齢もレオくんのほうが8歳上なのに、マロたんに優しいレオくん。柴男子って柴女子には、とことん優しい気がします。そして、柴女子はそんな柴男子に、結構わがままで強気です。そういえば、ご近所の柴男子の飼い主さん(わんこも飼い主さんも亡くなりました…)が、生前「犬も人間も女のほうが強いわ」と、つぶやいていたのを思い出しました。みなさんのお宅ではいかがですか。

CATEGORY   犬が好き

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る