1. トップ
  2. 犬が好き
  3. シロさん、眼球摘出手術へ【連載】おばあちゃん犬がやってきた 第33回

犬が好き

UP DATE

シロさん、眼球摘出手術へ【連載】おばあちゃん犬がやってきた 第33回

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。2匹の犬、2匹の猫と暮らし二児の母でもあるtamtamです。
我が家は15歳のおばあちゃん犬、シロさんを新しい家族として迎えました。

シロさんが失明してから数か月が過ぎ、緑内障は落ち着いていたものの、目の中に潰瘍ができてしまいました。
恐れていた合併症。
シロさんの負担にならないよう、様々な治療を試みたのですが、結果虚しく、どれも回復には至りませんでした。
少しずつ、少しずつ悪化していくシロさん。少しずつ痛みも出てきている様子でした。

そんなシロさんのことをみて動物病院の先生からひとつの提案がありました。

それは、眼球を摘出すること。
その提案を聞いた私の反応は。

眼球摘出の提案を受けて

シロさんの目は、この15年間でたくさんの人と出会い、触れ合い、良いものも悪いものもたくさん見て、いろんなことを感じてきたであろう、宝物なのです、私にとっては。
たとえ機能していなくても…
そんな宝物をとる選択なんて、簡単にはできません。

数日間悩みに悩んで、それでも決断が出来ず、私は先生に眼球摘出のメリットとデメリットを尋ねました。

すると、こう返ってきたのです。

摘出手術、メリットとは

そう言われてからの決断は割と早かったように感じます。
顔が変わろうと、身体が変わろうと、シロがシロならそれでいい。
そんなロマンスたっぷりなセリフ達が私の脳内でざわついていたのです(笑)

そして、手術当日。

シロを痛みから解放してあげられる・・・
そんな日に私はシロへの「ごめんね」の気持ちでいっぱいでした。
もしかしたらシロは目を残したいのかもしれない・・・
もしかしたらもっと早くこうしてあげた方がよかったのかもしれない・・・
もしかしたら、もしかしたら、と心の中で思っていた、情けない飼い主。
ですが、その日のシロさんは・・・

いつも通りのシロさん

あっ、ごめん。今日は手術の日だからご飯はないのよ(´・ω・`)

シロさんのいつも通りの安定の可愛さに、ついクスっと笑いかこぼれました。

そして、手術が無事に終わり、迎えに行くと・・・

またしても、いつも通りのシロさん

摘出した後が、なんだかウインクしてるように見えた私。

そして、迎えにきた私に気づき尻尾をゆっくりと振るシロさん。

「頑張ったね!」の言葉の前に、つい「可愛い」と言葉が漏れてしまいました。
どんな姿でも、シロさんがシロさんである限り、きっと”可愛い”は止まらないのです。

よく、頑張ったね

15歳ものお年で全身麻酔の手術に耐えてくれた、頑張り屋さんのおばあちゃん。
15年間の過去も大切にしたいけど、これからの未来をまだまだゆっくり刻んでいけたらいいな。

頑張ってくれて、本当にありがとう。

私の元にきてくれて、本当に、ありがとう。

登場人物・登場犬猫

tamtam プロフィール

犬や猫の保護や介護についての楽しさや幸せをインスタグラムで発信し話題に。それぞれのかわいさをほっこり描いたイラストにファンも多い。

tamtam インスタグラム

CATEGORY   犬が好き

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る