1. トップ
  2. 犬が好き
  3. 連載
  4. 柴犬ももと猫たち
  5. 猫たちの架け橋となる柴犬もも|連載「柴犬ももと猫たち」vol.12

犬が好き

UP DATE

猫たちの架け橋となる柴犬もも|連載「柴犬ももと猫たち」vol.12

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

柴犬もも、黒猫の天、キジトラの空と暮らしています。

ももと天と空

しばらくうちで保護することになった謎のニャンコ。
飼い猫なのか野良猫なのかわからない以上、両方の可能性を考えて情報を集めました。

・近隣住民への聞き込み
・周辺の動物病院での聞き込み
・マイクロチップの有無
・警察署での迷い猫の相談と保護の届け出(もし3カ月たっても飼い主が現れない場合はうちで引き取ることに同意)
などなど。

うちの場合は、この子を保護したことをYouTubeやInstagramで発信していたので、それらを経由して「うちの猫かもしれない」という問い合わせをたくさんいただき、その方達と連絡を取り合ったりして一気に忙しくなりました。

僕は誰?

それはそうと、いつまでも「謎のニャンコ」と呼ぶわけにもいきません。
私たちはこの子に「空(くう)」という名前を付けました。
出会った日の気持ちのいい青空と、「くう」という呼びやすさからこの名前にしました。
そして天が空に慣れるまで、しばらく空には別の部屋で過ごしてもらうことにしました。

障子の向こう側とこちら側

とはいえ、たった一枚の障子で仕切られた空間です。その上ももと空が両側から代わりばんこにつつくので、障子の穴がどんどん広がって通気性も抜群。お互いの声や匂いはほぼダイレクトに伝わっていたと思います。

空の様子が気になるももは、門番のごとく障子の前に居座り、大好きなご飯の時間も気がそぞろ。チラチラと障子の方を振り返ってばかりでいっこうに食事が終わりません。

おーい

二匹がせっせと開けた障子の穴も、覗き穴として有効活用されていました。

ももは名仲人

様子を見て、少しづつ天と空の顔合わせしましたが、まだ警戒心のとれない天と、すぐにでもじゃれつきたい空では互いの気持ちにかなりの温度差がありました。

そんな二匹の雰囲気を感じ取ったのか、空が少しでも天に近づこうとすると、すかさずももが間に割って入り、なだめるように空の顔をペロペロと舐めて天から気ををそらせようとするのです。
すると最初からももに懐いていた空は、ももが近くにくると嬉しそうに顔や体を摺り寄せて甘えるのでした。

一方、ももの匂いを嗅ぐことを日々の楽しみとしている天。
いつものようにクンクンとももの匂いを嗅いでいますが・・・

うん?この匂いは、、、

猫の嗅覚は人間の数万倍。相手の匂いを嗅ぐことで情報交換をしたりするといわれています。
いつもより念入りにももの匂いチェックをしていた天は、ももについた匂いから空のことを色々と探っていたのかもしれません。
その甲斐あってか、天が自分から障子に近づいて中を覗き込むことも多くなり、少しづつ空との距離が縮まっていきました。

こんな風にももが天と空の間を行ったり来たりしたことで、ももは立派に猫たちの架け橋という大役を成し遂げるのでした。

ももと天空 プロフィール

柴犬もも(2012年生まれ・メス)黒猫の天(2015年生まれ・オス)キジトラの空(??年生まれ・オス)と暮らす日常を、ほのぼの楽しく伝える動画が話題の、チャンネル登録者数40万人超えの人気YOUTUBER。かわいいイラストにもファンが多い

ももと天空 YOUTUBE

ももと天空 instagram

CATEGORY   犬が好き

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る