1. トップ
  2. 犬が好き
  3. 連載
  4. ここ掘れここ柴
  5. 困ったところも可愛すぎる、魔性の柴犬|連載「ここ掘れここ柴」#犬の日特別連載

犬が好き

UP DATE

困ったところも可愛すぎる、魔性の柴犬|連載「ここ掘れここ柴」#犬の日特別連載

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

11/1は犬の日。そこで「犬の好きなところ」について「いぬのきもちWEB MAGAZINE」連載陣の特別コンテンツをお届けします。

今週の「柴犬のここが好き」

今日は、愛してやまないこよみさんの"困ったところ"をご紹介します。

それは「夏の散歩で帰り道のことを考えないところ」です。
夏の暑い日でもこよみさんはお散歩が大好きです。
どんなにカンカン照りでも散歩に行きたいというので、はやるこよみさんをなだめ、
外の気温がマシな時間になるまで待ちます。

夕方、少し涼しくなってきたらいよいよ散歩です。
こよみさんは短距離選手タイプなので、行きしにガンガン攻めます。

肩をグイグイグイグイ
お尻はプリプリプリプリ
足元はスタタタタタタタ

私より少し先を、前だけを見つめたこよみさんがずんずん進んでいきます。
少しでも遠くへ、ここではないどこかへ。笑

◯散歩とは、行きがあれば帰りもあるものである。
◯散歩とは、往復するものである。
このことをこよみさんは理解していないのではないでしょうか。

「今日もしっかりしたのが出たねえ。」そう言ってこよみさんのブツを拾い、ふとこよみさんに目をやると…心ここにあらず。
こよみさんにとっては一旦そこで散歩が終わってしまったかのようです。

前にも後ろにも右にも左にも進みません。
どの方向へ向かおうとしても足取りが重すぎるのです。
その細い足首に鉛でも巻いたのか?と思うほど、ざり…ざり…と足を引きずるように進みます。

ハァハァハァハァ…

そのうち、少し離れたところでこよみさんの息づかいが聞こえてきます。
振り向くと、少し後ろでベロを出して、まるで笑っているかのように息を切らしているこよみさんがいます。
つい先ほどまで私の前でお尻をプリプリしていた柴犬は本当にこよみさんだったの?
そう思いたくなるくらい別犬になっているのです。

厄介なことにこよみさんは抱っこが苦手です。
「こうなったら抱っこで連れて帰ればいい!」先代犬のハナとソラはそうでした。
こよみさんは抱っこの手から逃れようと必死に抵抗します。
その結果、私もこよみさんも無駄に体力を消耗し、二人とも肩で息をすることになります。

ハアハア……ハアハア……にらみ合い。

なんとか抱っこできても、まるで"活きのいいうなぎ"のように腕の中でビチビチくねくねしながら登っていくので、
どぅるんっ!と飛び降りてしまうこともあります。
落としてはならぬと私も必死で抵抗し、そのままこけてしまうことだってあります。

もうっ!

どうして楽しいお散歩の帰り道にこんなことになってしまうのか。
ずんずんと遠くへ遠くへ進んだ分、帰り道が途方もなく長く感じられます。

(楽しかったね)
先に玄関についたこよみさんが満面の笑みで振り向きます。
(お母さーんただいまー)
家の中へ走っていくこよみさんの後ろ姿は散歩に行く前のようにイキイキしています。

玄関に残された放心状態の私。
額から流れる汗と、腕のだるさとに襲われながら「フッ」と少し笑ってしまいます。
どんなに我が強かろうが、わがままだろうが気分屋だろうが、振り向いたこよみさんの笑顔にズキュンなのです。
ズキュンされた自分に笑ってしまうのです。

全く魔性な柴犬です。
魔柴です。笑
困ったもんだと言いながら、結局どんなこよみさんでも愛してしまうのです。

生まれてきてくれてありがとう。
出会ってくれてありがとう。
私たちが迎えに行くのを待っていてくれてありがとう。
家族になってくれてありがとう。
毎日毎日私の心を「ズキュン」してくれてありがとう。

きっと私はこよみさんに恋しているのです。

こよみさんに好かれたくて必死で、それよりも、こよみさんに"こよみさんのことを好きなこと"を伝えたくて必死なのです。

“ありがとう”も”大好き"も言っても言っても足りないのです。

こよみ、こよ、こよちゃん、こよみちゃん、こよみさん、こよさん、こよこよ。

いろんな呼び方をすると混乱させてしまうのかもしれませんが、
こよみさんが振り向いてくれるまで何度だってその名を呼びます。

ところで、“スマイルドッグ”=笑顔がテーマですが、実は私、こよみさんの真顔が好きです。

口をチュッとすぼめて、目はまん丸で少し驚いたような表情で、じっと見つめてくるのです。
(私はかわいいの。美人なの。言わなくてもわかるでしょ?)
と言っているような自信満々な表情なのです。
その顔がたまらなく好きで、可愛くて身悶えしてしまうのです。
なんて整った顔なのでしょう。

小顔で、美人で、少し肉付きのいい体で、自分がかまって欲しい時だけ甘えに来て、
満足した後も触っているとムッとして、勝手に怒って、
ご飯が大好きでいつも食べ物に目を光らせていて、ある意味"我の塊"なのですが、それでも全てを愛してしまう。

『完璧な人なんていない』と言いますが、こよみさんは『完璧な柴犬』です。

そういうものですよね。

作者紹介:ここ柴

京都府在住。柴犬の魅力をイラストで表現してSNSで発信、共感を呼び、「ここ柴部」のハッシュタグとともに話題に。そのイラストは、ドラマ・映画「柴公園」のエンドロールにも登場。柴犬たちのクスッと笑える生態を描いた書籍「柴犬のここが好き」を出版。

ここ柴のインスタグラム

11/1は犬の日!特設ページ「#スマイルドッグ 愛犬へありがとうを叫ぼう!」

「11/1は犬の日#スマイルドッグ 愛犬へありがとうを叫ぼう!」を公開中!

「11/1は犬の日#スマイルドッグ 愛犬へありがとうを叫ぼう!」を公開中!

大人気のインスタグラマーやいぬのきもちWEB MAGAZINE連載陣が犬の魅力を語ります!
「犬の好きなところ」アンケートによる「犬種あるある」記事もお楽しみに!

フードプレゼントのほか、インスタグラムやツイッターでは、愛犬のとっておきの笑顔の写真も募集中!「#スマイルドッグ#いぬのきもち」でぜひ投稿してくださいね!

CATEGORY   犬が好き

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る